?-ちび丸 大和(1)

また一つキットを開けてしまいました。

2018062301.jpg
2018062302.jpg
でもご安心ください、組み立ては終わりました。

フジミのデフォルメモデルシリーズちび丸です。
純スケールなキットだと合わせ目とか気になって終わらんのですが、こういうのは割り切ってできるので楽ですね。
デフォルメ感とディテール感のバランスもいいキットです。
船底のスクリューや舵の部品もあるんですが、今回は水面に浮かべてる風にしてみるつもりなのでつけません。


前回の1/100のIS-3といいここ最近は制作が週末にしかできないので、こういう簡単に作れるやつにはまってます。
これも私でも計2日の作業で組めたのでなかなかお手軽でいいキットです。
明日余裕があったらベースの工作をしてみたいともいます。
ではではノシ
スポンサーサイト

| ?-ちび丸 大和 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

100-IS-3(3)

完成しました。

2018052601.jpg
前回で8割完成でしたが、この後、足回りをダークアースをエアブラシで塗り、ウエザリングカラーで汚し、軽くスミ入れをしなおしました。
仕上げにピグメントを天面中心にポンポンとつけて完成です。

2018061001.jpg
2018061002.jpg
2018061003.jpg
2018061004.jpg
まとまった時間を取る元気が最近なくて物の割にえらい時間かかってしまいました。
例によってこちらにも写真をまとめましたが、あんまりこっちと変わらんです。


次は、メルカバを進めるか、そろそろちび丸のタイガーも再開したいなーなんて考えてます。
ではではノシ

| 100-IS-3 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

100-IS-3(2)

気がついたら1か月未更新の広告が…。


2018041401.jpg
茶色のサフを吹いてタミヤアクリルで色を塗りました。
最初は筆塗りで全部塗装するつもりだったんですが、だんだんめんどくさくなって結局エアブラシで仕上げました。
後ろの箱絵みたいにむらのある感じにしたかったんですが、エアブラシで塗りつぶしすぎて、上手く行きかけていた筆目も殺してしまいました…。(短気はダメね)


2018050601.jpg
陰影と凹凸の強調を兼ねたドライブラシです。
物が小さいので筆が入らず大雑把になってしまいました。
というか当初の想定から外れたとっ散らかった色味へ行き出してすごく焦りました。

2018050602.jpg
フィルタリングです。
ドライブラシ部分が浮いていましたが少し落ち着きました。

2018050603.jpg
ウォッシングをしました。
ちょっと濃すぎて色合いがスケールに対して暗くなってしまいましたが、これぐらいの方が今回はかっこよくなりそうなのでこれで良しです。


艶具合が上手く均一になってないので、この後どこかでクリア系を吹く必要がありそうですが、タイミングや量を間違えると今までの塗装が死ぬので難しいですね。
ではではノシ

| 100-IS-3 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-メルカバMk.IV LIC(1)

みんなのカバャピョことメルカバMk.IVを作りたいと思います。

2018030401.jpg
使用するキットはアカデミーのやつですが、これタミヤのメルカバのピーコシャーシなんでしょうかね?
モーターライズっぽいシャーシなんですがI?からIVまでシャーシ使いまわせるんですね。
I~IVで車体はそんなに変わってないということなんでしょうか。

2018032601.jpg
一応、さすがに21世紀になって発売されたキットなのでシャーシの余分な穴はキットの部品で埋めるようになっています。
今までの反省から、今回は最初からナットを仕込んでおきました。
これでAFVの会だろうがなんだろうがベースを用意して持っていけるようになります。

2018032602.jpg
透け防止に黒を塗りました。
花粉を部屋に入れたくなかったので、久々に缶スプレーで塗装しました。
シャーシ外側も黒にしてるのは、ホルストマンサスのスプリング部品の裏に塗料を回すのが面倒そうなので、あらかじめ影色を塗っておきたかったからです。
どうせ後でグレーサフを塗るので意味があるかわかりませんがおまじないです。


本当はもっと進んでから更新したかったのですが、それではなかなか更新できそうにないのであまり進んでないですが更新しました。
ではではノシ

| 35-メルカバMk.IV LIC | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

100-IS-3(1)

模型さわってないわけではないのですが、なかなか更新するのにいいまとまった作業量に到達できなくてブログ更新の期間があいてしまいました。
今はメルカバIVをあけちゃったりしてるわけですが、花粉の時期、部屋でエアブラシ塗装したくないんですね。
ですが、車体の中側を黒で塗りたくなったので缶スプレーを買いに行ってきました。

2018032501.jpg
で、今回のネタはその時ついでに目についたので買ってきたものです。
ズベズダの1/100のIS-3です。
このシリーズ、最近模型店でよく目にしますが売れてんのかなぁ?とか思ってたりしてちょっと気になってました。
メートル法の10進数の国に住む人間としてはキリがいい数字のスケールですが、ガンプラぐらいであまり目にしないスケールです。

2018032502.jpg
中身はこんな感じです。
部品数を減らしつつある程度のディテールを確保するためかシャーシは箱組みになってたりします。
1/144のキット(最近はあまり見ないけど)よりは部品数多いんじゃないでしょうか。

2018032503.jpg
組み立てるとこんな感じです。
フェンダーのふちを削って、砲塔の防盾の後ろの部品の隙間をパテで埋めて接着剤で鋳造風のテクスチャを足して、砲身のマズルブレーキに穴を空けてあります。
気持ち程度にいじってありますが、組み立ては手の遅い私でも3時間ちょっとで終わりました。
このキットはスナップフィットキットですが、一部が接着した方が強度的に安心な程度で合わせは良好です。

2018032504.jpg
履帯が思いきった省略がされているのがちょっと気になりますが、他は繊細で必要十分なモールドが施されていていい感じです。


値段も舶来物なのに安いし、たくさん種類を作ってコレクションするのにはいいシリーズなのかもしれません。
ではではノシ

| 100-IS-3 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT