35-メルカバMk.IV LIC(1)

みんなのカバャピョことメルカバMk.IVを作りたいと思います。

2018030401.jpg
使用するキットはアカデミーのやつですが、これタミヤのメルカバのピーコシャーシなんでしょうかね?
モーターライズっぽいシャーシなんですがI?からIVまでシャーシ使いまわせるんですね。
I~IVで車体はそんなに変わってないということなんでしょうか。

2018032601.jpg
一応、さすがに21世紀になって発売されたキットなのでシャーシの余分な穴はキットの部品で埋めるようになっています。
今までの反省から、今回は最初からナットを仕込んでおきました。
これでAFVの会だろうがなんだろうがベースを用意して持っていけるようになります。

2018032602.jpg
透け防止に黒を塗りました。
花粉を部屋に入れたくなかったので、久々に缶スプレーで塗装しました。
シャーシ外側も黒にしてるのは、ホルストマンサスのスプリング部品の裏に塗料を回すのが面倒そうなので、あらかじめ影色を塗っておきたかったからです。
どうせ後でグレーサフを塗るので意味があるかわかりませんがおまじないです。


本当はもっと進んでから更新したかったのですが、それではなかなか更新できそうにないのであまり進んでないですが更新しました。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-メルカバMk.IV LIC | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

100-IS-3(1)

模型さわってないわけではないのですが、なかなか更新するのにいいまとまった作業量に到達できなくてブログ更新の期間があいてしまいました。
今はメルカバIVをあけちゃったりしてるわけですが、花粉の時期、部屋でエアブラシ塗装したくないんですね。
ですが、車体の中側を黒で塗りたくなったので缶スプレーを買いに行ってきました。

2018032501.jpg
で、今回のネタはその時ついでに目についたので買ってきたものです。
ズベズダの1/100のIS-3です。
このシリーズ、最近模型店でよく目にしますが売れてんのかなぁ?とか思ってたりしてちょっと気になってました。
メートル法の10進数の国に住む人間としてはキリがいい数字のスケールですが、ガンプラぐらいであまり目にしないスケールです。

2018032502.jpg
中身はこんな感じです。
部品数を減らしつつある程度のディテールを確保するためかシャーシは箱組みになってたりします。
1/144のキット(最近はあまり見ないけど)よりは部品数多いんじゃないでしょうか。

2018032503.jpg
組み立てるとこんな感じです。
フェンダーのふちを削って、砲塔の防盾の後ろの部品の隙間をパテで埋めて接着剤で鋳造風のテクスチャを足して、砲身のマズルブレーキに穴を空けてあります。
気持ち程度にいじってありますが、組み立ては手の遅い私でも3時間ちょっとで終わりました。
このキットはスナップフィットキットですが、一部が接着した方が強度的に安心な程度で合わせは良好です。

2018032504.jpg
履帯が思いきった省略がされているのがちょっと気になりますが、他は繊細で必要十分なモールドが施されていていい感じです。


値段も舶来物なのに安いし、たくさん種類を作ってコレクションするのにはいいシリーズなのかもしれません。
ではではノシ

| 100-IS-3 | 20:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

静岡AFVの会2018(3)

静岡AFVの会で見た作品で気に入った物の写真その2です。
写真の量が多めなので続きはRead More(続きを読む)からです。

≫ Read More

| 模型全般 | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

静岡AFVの会2018(2)

静岡AFVの会で見た作品で気に入った物の写真をアップしていきます。
写真の量が多めなので続きはRead More(続きを読む)からです。

≫ Read More

| 模型全般 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

静岡AFVの会2018(1)

毎年、出したいな出したいなと言っていた静岡AFVの会ですが、今年は出品することができました。
2018022501.jpg
2018022502.jpg
持っていったのは自分の中でも出来がよくて外に持ち出したことがないこの2つです。
昔より上手くなってると思いますが、まだまだこういった会場で人目を引けるレベルにはなっていないなと改めて思いました。

2018022503.jpg
が、なんと今回、協賛メーカーのラウペンモデル様の賞をいただいてしまいました。
ちょっと想定外の事態でどう模型をおいときゃいいのかとか振舞い方がわからず、写真も構図がとんでもないことになってます。
恐らくラウペンモデル様の新製品がイスラエル軍のジェリカンで、会場唯一のイスラエルネタだったのが勝因かと思います。(でもまぁ、賞あげてもいい程度の出来であるとは認めてくれたんだよね)

2018022504.jpg
副賞のジェリカンのキットと、会の最後の抽選会で当たったタミヤのマグカップです。
ジェリカンは頂いたからには作りたいものですが、合わせるネタはメルカバでしょうかマガフでしょうか?どうしましょうか?

2018022505.jpg
マグカップは一見するとタミヤのロゴだけに見えますがよく見ると、MMでモデル化された戦車のシルエットが書かれていて非常に小粋な柄です。


今回、投票では0票だったので次は1票でも得られるよう精進したいものです。
時間がなくてまだ写真が整理できていないのですが、次回以降、会場で見つけた気にいった作品の写真を上げたいと思います。
ではではノシ

| 模型全般 | 21:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT