?-ちび丸 ティーガーI(2)

少しいじったので更新です。

2017042701.jpg
件の履帯ですが、AFVクラブの1/35タイガー鉄道輸送用のポリ(?)履帯を取り寄せてみました。
2017042702.jpg
箱絵がこんな感じなんですが、絵の履帯の雰囲気に一番近い履帯なんじゃないでしょうか。
ディテールも1/35に使うには正直に言うと残念なところがあるんですが、その緩さがこれには適度なんではないかと思います。


2017042703.jpg
2017042704.jpg
それとマズルブレーキの穴が空いてなかったので穴あけに挑戦してみましたが、見事に左右そろっていません。
やらんほうが良かったかなと思いましたが後の祭りなのでこれで押し通しましょう。
マズルブレーキのディテールには思うところがまだあるので、もうちょっと手を加えてみる予定です。


短いですがこれで更新終わります。ではではノシ
スポンサーサイト

| ?-ちび丸 ティーガーI | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 ティーガーI(1)

ミナサン コンバンハ。
本復帰ではないのですが、久々にちょっとだけプラモ触ったので忘備録として記事を更新します。

お題はフジミのちび丸ミリタリーのタイガーIです。
以前からクルスクぐらいの時期のタイガーでやってみたい飾り方というかヴィネットがあったのですが、キットの調達などでなかなか手を出せないでいました。
そんな折、デフォルメモデルのこいつを見つけてビビッときたので急いでおすもうや(地元の玩具模型店です)に注文してきました。


キットは接着剤なしでも組み立てられるような初心者向けでもありますが、フジミ公式の完成見本を見るとなかなかディテールもよさそうです。
たまごひこーき程度の部品数だろうと舐めてかかったら3倍ぐらい部品が入っていてちょっとめげそうです。
2017040501.jpg
で、デフォルメモデルなのになかなかのディテールのタイガーちゃんですが、唯一、欠点があるとしたらこの履帯でしょう。
いろいろ値段などの関係で限界があったんでしょうが全体のディテールに対して目立つ部分なのにちょーっと物足りないですね。

2017040502.jpg
2017040503.jpg
ということで他はそのままですが、ここだけ別のキットとかから移植しちゃいましょう。
ガチスケールモデルだと履帯の移植なんて言いだしたら起動輪の歯のピッチとかめちゃくちゃ面倒なことになりますが、そこはデフォルメモデルのゆるーいところで元々からその辺はいい加減なので気にしなくていいでしょう。

2017040504.jpg
2017040505.jpg
最初は1/35の中軽戦車の履帯から持ってこようかと思ってたのですが、手持ちのキットやジャンクではなかなか合致するサイズがありませんでした。
上の写真は1/48のヤクトパンサーとJS-2です。

ちなみにキットの履帯の幅は13.5㎜、スポンソンとフェンダーを合わせた車体の履帯部分の幅は17.0㎜、キット標準の垂直方向の車体と履帯の隙間は2.2㎜になります。
35倍すると履帯幅は472.5mm、車体側幅は595.0mm
48倍すると履帯幅は648.0mm、車体側幅は816.0mm
になります。
1/35ですとチャーチル歩兵戦車が幅558㎜でいい感じらしいです。
1/48だとそれこそタイガーIの物が725㎜なのでややオーバーサイズ感もありますが使うってのもいいかもしれません。


本当にちょっと触っただけですが以上更新を終わります。
ではミナサン サヨウナラ ノシノシ

| ?-ちび丸 ティーガーI | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

生きています

なかなか模型に打ち込めない状況が続いています。

| 雑記 | 20:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

充電中です

やる気が切れたので充電終了までしばらくお休みします。(電池壊れてないといいね)

| 雑記 | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-M26パーシング(19)

気が付いたら3週間なにもしてなかったです。


今回は砲塔側の荷物を載せる作業をしてみました。
2016050901.jpg
まず左側の予備履帯の周辺にはフィールドバッグやアミュニションバッグをひっかけてる設定で配置することにしました。

2016050902.jpg
タミヤのMM229連合軍車両アクセサリーセットから選んで使いましたが、あいまいになってる横部分のディテールを中心に彫り込んで、裏の空洞をパテで埋めてから肩ひもを紙で付け直しました。
まだ車体側に接着してないので少し浮いてしまってますが、塗装後にバッグ本体と車体を接着して下に引っ張って浮いている部分を少なくする予定です。


2016050903.jpg
反対の右側はラックがあったのでそこを中心にシートを配置してみました。
固定する紐やバンドを後で付けたいところですが、今外すと変形しそうなので粘土が完全に乾燥するまでこのままもうしばらく固定しておきます。

2016050904.jpg
白いシート類にはジャックスのプロフェッショナルAという手芸用の樹脂粘土がいいと聞いたので使いましたが、これはすごくいいですね。
こういう物を作るにはエポパテ練ったり、ティッシュにパテしみこませる方法が多いと思いますが、これはパテを混ぜたりする手間もいらなく適度に柔らかく非常によくのびてプラ類にもベタベタくっつかないとこれ以上ないぐらいピッタリです。
まだこの粘土の使い方を把握して無い状態ですが、それでもあまり細かいことにこだわら無ければあっという間に砲塔周りにつけたものぐらいは作れます。
ちなみに厚さ的には私がやった場合はティッシュ<プロフェッショナルA<タミヤエポパテ高密度の順ぐらいに薄くなりますので、薄さを特別強調したいときはティッシュでそれ以外はプロフェッショナルAがよさそうです。


久々にこれはすごいと思うマテリアルに出会えました。
連合軍車両アクセサリーセットのシートだと車体の曲線に合わないなと思ってましたが、全部これでやっちゃえばよさそうです。
本来は手芸用の粘土なのでシート以外のバッグなどの布製品も頑張れば作れそうです(これは他の樹脂粘土も試した方がいいかも??)。
次は車体の方行きたいのですが、こちらは何乗せるかレイアウトに悩んでいます。
ではではノシ

| 35-M26パーシング | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT