FC2ブログ

1/35-RCパンサーG型(11)

暑さ寒さも彼岸までなんて言いますけどほんとうに涼しくなってきましたね。


パンサーはグリーンとイエローに油彩で影を入れて、エッジや面の上側にハイライトを入れてみました。
ハイライトは大雑把にドライブラシでやったので荒いというか浮いています。
もう一度クリアー吹いてウォッシングして落ち着かせたいと思います。
ではではノシ
スポンサーサイト



| 35-RCパンサーG | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(10)

ダークイエローを塗って、ドットを塗りました。
2020091301.jpg
最後にダークイエローってボケ足は変になるし発色しないしやはり塗装順序としては最悪です。
色についてはダークイエロー塗ったらとりえあずそれっぽい体裁は整ったんじゃないかと思います。
色合いおかしくね?って思いますが、ウォッシングすればこんなもん変わってしまうので考えるのはやめましょう。

この後はデカール貼って、クリアー吹いて細かい塗分けと行きたいです。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(9)

暑さ寒さも彼岸までと言いますが今年はどうなりますやら、台風も気になります。


2020090601.jpg
オキサイドレッドを塗りました。
ハルレッドベースに色調した色ですが、オキサイドレッドとは何色ぞな?となり瓶1つ分失敗作出して半分捨てるとか結構迷走しました。

2020090602.jpg
ダークグリーンを塗りました。
甲斐路だとかデラウェアだとかそういう単語が出てくる色合いです。
ボケ足をあまりつけたくなかったので、筆でアウトラインを書いてから内側をエアブラシで塗りつぶしています。
カスタム018を使ってやりましたが、濃いという濃度にあまり気をはらってない塗料でもそこそこ細く吹けちゃうのですごく楽です。
トリガーがめちゃくちゃ敏感でちょっと引くだけで塗料がドバドバ出るから扱い難しいと言えば難しいんですが、これぐらいの作業だとラフに操作しても良い感じに塗れちゃうんですごい良いです。


ダークグリーン、下地の黒がうまく残らなくてちょっと今一なんですが後々なにかしらで対策打ちたいです。
これでまとまってる気もするのでダークイエロー塗りたくない気持ちもあるんですが(というかここにダークイエロー投下していいのか自信がない)、次はダークイエロー塗りたいです。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(8)

7年ぶり8回目の更新です。

先週、タミヤの1/16キューベルワーゲンのRC操縦させてもらう機会があったのですが、その時こいつがあったの思い出して完成させたい気分になったので引っ張り出してきました。
電池とかどうしていたのか心配でしたがちゃんと本体から出して保管していたようで、7年前の自分をほめてあげたいです。(ちなみに出してあった電池はばっちり液漏れしてました…。)

7年も前のことでどういう構想だったのかすっかり忘れてしまいましたが、どうやら塗装前で止まっていたようなので、塗装できるよう要所をマスキングしてサフを吹きました。
2020083001.jpg
ついでにシャドーも入れて塗装準備はばっちりです。

塗装前まで来ましたが、後期型のパンターGってどうやって塗装すればいいんですかね?
説明書なんかだとダークグリーンが基本色でそこに他の2色が塗装されたって書いていますが、最末期はレッドプライマーのままってイメージもありますし、実作業としてダークイエローから塗装したほうがやりやすいんですよね。
順番の組み立ての定石って物がないジャンルでちょっと悩んじゃってます。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

72-ホーカー タイフーン(16)完成

今年は季節の変化が良くも悪くもはっきりしていて大変ですね。
お盆休みだとおもっても暑くて室内ですら危ないレベルまで気温が上がるので作業が進みません。
そんな中ですが、なんとか休み中にタイフーンを完成させました。

2020081501.jpg
ベースの仕上げです。
スイッチ部分の蓋がなかったので作りました。

2020081507.jpg
コネクターと支柱はこんな感じに。

2020081502.jpg
保管用に段ボール+緩衝材で固定できるようにしました。

プロペラとモーター基部はギリギリまで接着していませんでしたが、エポキシ+プラ用でがっちり止めました。
すり合わせが甘くて上から見ると左右のセンターがずれてしまいましたが、可動自体は思ったよりぶれもすくなくてスムーズに回りました。
2020081503.jpg
2020081504.jpg
排気管はダークグレーに塗った上にパステルで茶色を排気口にパステルやらなんやらで黒を乗せています。
機体側には薄く排煙の跡をエアブラシで塗っています。

2020081505.jpg
2020081506.jpg
ちなみに前回、主力の0.3のブラシが調子悪いと書きましたが思い切ってサブとしてクレオスの0.18㎜口径のブラシを買ってしまいました。
試し吹き(左が0.18、右が0.3)してみましたが、希釈やレバーの動かし方を覚えてない状態でも明らかに違いますね。
絶対的に細いのはもちろんなんですが、レバーの引き具合にリニアに塗料の量が反応して慣れてないうちは使いづらいほど繊細です。
低圧なコンプレッサーへの対応を謳っていますが、以前使っていた0.2よりもたしかに塗料の濃度が濃いめでも比較的綺麗に出てきます。
上級者用というだけあってちょっと使いこなすには練習が必要そうですが、航空機の迷彩などではこれ以上ないほど効果を発揮しそうです。

2020081511.jpg
2020081512.jpg
2020081513.jpg
2020081514.jpg
ということで完成です。
こちらにも例によってほかの写真上げています。


部品の紛失というトラブルも含めていろいろ今までやったことないこと詰め込みましたが、なんとか完成まで持っていけてよかったです。
ではではノシ

| 72-ホーカー タイフーン | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT