FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

35-ISU152(2)

塗装編です。
2019010601.jpg
まずはサフ兼下塗りです。

2019010602.jpg
続いて上塗り。
足回りはサフの色を残すように緩く吹いています。

2019010603.jpg
ハイライトです。
上からのみ吹き付けるようにしています。

2019010604.jpg
今回使った色です。
左から下塗りクレオスのマホガニーサフ#1000、上塗りタミヤのエアーモデルスプレーAS14オリーブグリーン、ハイライトのクレオスのガンダムカラースプレーSG07MSディープグリーンです。

2019010605.jpg
2019010606.jpg
デカールの貼り付けもしました。
白帯は凹凸にかかるデカールだったので全部塗ってしまうか迷いましたが、デカール貼ってみてだめだった部分をタッチアップしてます。


正月休み中に完成なんてことを年末は考えていましたが全然無理でしたね。
デカールの乾燥にちょうどいいので続きは来週です。ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-ISU-152 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(1)

新年あけましておめでとうございます。

正月企画としてタミヤの1/35MMのISU-152を作っています。
テーマとしてはエアーブラシを使わない(缶スプレーで塗る)です。

今更なネタなんですが昨年、いろいろなご縁でガンプラパチ組ぐらいならするって人何人かにお会いすることがありまして模型トークをしたんですね。
で、こちらがAFVを作ってることを言うと決まってエアブラシとかないと難しいんじゃないか的なことを言われるんですよね。
たしかに一部の迷彩なんかは難しいですがそうでもない物も沢山あります。
ですから缶スプレーで簡単に行けるよ!ってな感じで答えたんですが、私自身は最近とんと缶スプレーを使ってAFVを組み立てていません。
やってもないことを果たして勧めちゃっていいんだろうか?という気持ちと、サンプルを作っていたほうが話に説得力が出て弾むんじゃないかという気持ちで今回、缶スプレー縛りで行ってみようと思ったわけです。


2019010401.jpg
2019010402.jpg
2019010403.jpg
塗が主眼なので組み立てはすっとばしますが、裏側やグリル部分は黒を念のために塗っておきました。(もちろんタミヤの缶スプレー)
組み立て終わるとやらんでもよかったかなと思いましたが、やらないで後悔よりやって後悔です。


2019010404.jpg
基本的に素組みですが、手すり系は折ること確実なので真鍮線に変えています。
プライマーもスプレーのやつ使ってもよかったんですが、さすがにもったいない気がしたので在庫を筆塗りしてます。
キットの感想ですが、近年のタミヤMMらしくほどほどに細かいディテールでかっちり簡単に組み立てられます。
車体上の部品がエンジンデッキと戦闘室で前後分割されてるんですが仮組もなにも考えずに付けるだけできっちりはまります、すごいですね。


まー、作りやすさって点ではタミヤのIS系って部品数もそれほど多くないし非常に優秀だと思います。
形もはったり効いたのがそろってるのでそういう意味でもお勧めしやすいし本当にいいキットです。
次は塗装編です。ではではノシ

| 35-ISU-152 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-メルカバMk.IV LIC(2)

ちまちまとやっていたメルカバ、少し作業量がまとまってきたので更新します。


2018072901.jpg
とりあえず足回り完成させました。
何も考えずに黒塗ったせいで、接着面の塗料落としたりと余分な工数が増えてしまいました。

2018072903.jpg
履帯もピン跡消して切りだしました。
接着はまた今度まとまった時間があるときにガーッとやりたいです。

2018072904.jpg
転輪も切りだし済みです。

2018072905.jpg
このキット、最新部品と太古部品のキメラなせいか、遊動輪がかなりうそっぱちな形状でした。
なんとなく形に違和感があって写真を見たら気がついてしまいましたが、修正する気なんてさらさらないのでスルーです。
(参考画像:外部サイト)

2018072902.jpg
細かいこと言いだしたらきりがないというか、素組でも現状手に負えてないのでさっさと進めましょう。
こういう細いかごなんかは組むだけで一苦労なんですから。

2018060301.jpg
下手に分割ラインをパテ埋めなんて考えると↑の砲塔みたいにモールドまで落としちゃって、にっちもさっちもいかなくなります。
(下側でほとんど見えないのにこんなことしてどうすんだ…)



最近は部品数が少ないキットばかり作ってたので、ランナーから部品が減らないことにかなり疲れてます。
アカデミーのメルカバIVって、メルカバIVのキットとしては組み立てが簡単と言われていたのにこの有様です。
完成するのか非常に不安ですがこれからもちまちまと進めていきます。ではではノシ

| 35-メルカバMk.IV LIC | 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-メルカバMk.IV LIC(1)

みんなのカバャピョことメルカバMk.IVを作りたいと思います。

2018030401.jpg
使用するキットはアカデミーのやつですが、これタミヤのメルカバのピーコシャーシなんでしょうかね?
モーターライズっぽいシャーシなんですがI?からIVまでシャーシ使いまわせるんですね。
I~IVで車体はそんなに変わってないということなんでしょうか。

2018032601.jpg
一応、さすがに21世紀になって発売されたキットなのでシャーシの余分な穴はキットの部品で埋めるようになっています。
今までの反省から、今回は最初からナットを仕込んでおきました。
これでAFVの会だろうがなんだろうがベースを用意して持っていけるようになります。

2018032602.jpg
透け防止に黒を塗りました。
花粉を部屋に入れたくなかったので、久々に缶スプレーで塗装しました。
シャーシ外側も黒にしてるのは、ホルストマンサスのスプリング部品の裏に塗料を回すのが面倒そうなので、あらかじめ影色を塗っておきたかったからです。
どうせ後でグレーサフを塗るので意味があるかわかりませんがおまじないです。


本当はもっと進んでから更新したかったのですが、それではなかなか更新できそうにないのであまり進んでないですが更新しました。
ではではノシ

| 35-メルカバMk.IV LIC | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 ティーガーI(5)

気がついたら2か月経とうとしていました。


2017071001.jpg
2017071002.jpg
とりあえず車体の組み立ては終わりました。
前回触れるの忘れましたが車体正面の装甲板の上の切り欠きの処理が気に食わなかったりしたのでちょっといじったりしています。
後はジャッキのハンドルの形をプラ棒で作りなおしたぐらいでごくごく普通に素組です。

塗装やベースの検討をしたいんですが、それをする暇というか活力が無いんでこの次の段階にはもうしばらくかかりそうです。
ではではノシ

| ?-ちび丸 ティーガーI(停止中) | 19:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT