| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

1/48-LaGG-3(6)

たまに思い出したら引っ張り出すシリーズです。
(前回は1年以上前か・・・。)


前回、前々回でエンジンカウル上部分をちまちまやっていましたが、使う部品間違えていました・・・。
12.7㎜機銃が2本ある最初期のタイプを間違えて使っていたのですが、作りたい塗装は12.7㎜機銃を1本にしたタイプでした。
幸い、せっせと削った7.62㎜機銃のコブを使うタイプだったのでよかったのですが、下手したら作業のほとんどがパァになるところでした。
ということで、改めて部品を変えて筋彫りを追加したり、前回しくじった7.62㎜機関銃のパイプを追加したりしました。


今度もほとんど進捗がありませんが一旦塗装したい部分に入ってしまったのでここでストップです。
次はいつになるかわかりませんが、ではではノシ
スポンサーサイト

| 48-LaGG-3 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

48-LaGG-3(6)

中途半端に止まった物を中途半端に引きずり出しますが、ここに書いとかないと何やったか忘れてしまうので記録として更新します。


2013021702.jpg
前回の更新のタイムスタンプ見たら一昨年11月ですね・・・。
放置しすぎたせいで瞬間接着剤で固定したところが割れました。
貫入みたいな模様が瞬着全体に入ってみごとにばらばらです。
不幸中の幸いというか瞬着全体にひびが入ったので除去はナイフでつつくだけで簡単でした。


2013021703.jpg
不幸中の幸いその2であらかた削り終わっていたので機銃を仕込んでみました。
12.7mm機関銃のほうを見て7.62mm機関銃も銃口に斜めに切った筒がかぶせてあると思って斜めに削った真鍮パイプを仕込みましたが、別にそんなことは無かったようです。
後で引っこ抜いて垂直に切ったパイプに変えなきゃいけませんね。

2013021704.jpg
接着は改めてプラ板で糊代を作って接着したいと思います。
カウル部分少しだけ反っていたので、先にここだけ機体に接着すればがっちりつけられるので割れたのは返って好都合でしょうか。


2013021705.jpg
真鍮パイプが目みたいになって中国の獅子舞の獅子に見えます。


以上、更新終わります。
ではではノシ

| 48-LaGG-3 | 20:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

48-LaGG-3(5)

いろいろありまして、塗装等できなく更新するほど作業が進んでない10式戦車に変わり、前回の更新から5ヶ月経った完成させる気ゼロのLaGG-3でございます。


あれからも思い出しては少し作業して、また箱に戻しを繰り返していましたが、主にエンジンカウル上部をいじっておりました。
2011102201.jpg
久しぶりに箱から出したらここまで削っていましたが、まだちょっと気に食わないので削りました。

2011102202.jpg
3次元で図面やら写真やらで少々違って見えるのですが、機銃カバーはこんな感じかなと思うところまで荒削りしてみました。


2011012307.jpg
2011102203.jpg
上が接着加工前、下が荒削り終了後です。
ふくらみが角ばっていたのを丸くして、アウトラインを削り込んだりしてみましたが、これ以上追求すると迷走しそうな気配がするのでこんなものでしょうか。


この後、溶きパテ塗って細かい晩目のヤスリで整えて筋彫りしなきゃ行け無いのですが、ここで力尽きたので一旦終わりです。
基本的に見ても判らないのでキットのアウトラインにケチ付けることはあまりしないのですが、たまにやってみるととても大変ですね。
ではではノシ

| 48-LaGG-3 | 07:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

48-LaGG-3(4)

ちょっと塗装できなかったんでLaGG-3の内装をいじりました。

2011052401.jpg
基本的に綺麗なキットなんですが、穴が開いてるべきと思われるところに穴が開いてなかったりところどころちょっとぬけてるんですよね。
ソ連機のシートは防弾板で出来ていたらしいですが、それでも分厚すぎだったのでディテールを犠牲にしながらゴリゴリしました。
一応シートのクッションなんか復元しようとしましたが、ディテールダウンしてます(笑)


2011052402.jpg
このサイズでパイロット無しだと良いディテールになるのでシートベルトを追加しました。
と言っても、ソ連機用のシートベルトなんて無いので(それだけのエッチングパーツって売ってるんでしょうかね?)操縦桿がイギリス機っぽいのでイギリス機用の金具を流用しました。
イラストなどをみると金具の形がまったく違うし、そもそも向きを間違えて組み立てているパーツがありますが、まー、それっぽけりゃOKなんですよ!

ちなみにプラシートの後ろにスピットファイア辺りのエッチングのシート部品がありますが、LaGG-3のシートはとても小さいですね。
中身に収めるためのデフォルメもあるんでしょうが、機体自体小さいし、実際に小さいでしょうね。


2011052403.jpg
ベルトの金具に紙紐通すのに疲れたので、今回はここら辺まででっち上げて終了です。



話は雑記に移りますが、仮面ライダーと暴れん坊将軍としかいいようがないマツケンがコラボするという画像を見ました。
上様がこのような所に来られるはずがない、こやつは(ryという気分になりましたが、マジネタなら仮面ライダー見ないんですけどちょっと見てみたいです。
あまり普段こういうネタには触れないんですが、あまりに個人的にツボにはまったので書かずにはいられませんでした。
暴れん坊将軍隕石回で上様が成敗したのは隕石ではありません、ではではノシ

| 48-LaGG-3 | 19:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

48-LaGG-3(3)

透明パーツがあんまりにもざらざらだったので磨くことにしました。


2011012701.jpg
コックピット一番後ろの部品は特にひどくて#600の紙やすりで削ってみました。
かなりうねっていたようで赤い矢印のところなど思いっきり引けていました。

2011012702.jpg
で、コンパウンド使おうとしたんですけど、久しぶりで中身が乾燥して取り出せなくなってたりしましたorz

しょうがないのでタミヤの荒目、細目、仕上げ目の3本セットを買って仕上げたのですが・・・。
2011012703.jpg
クリアパーツは難しいですね。
傷がなかなか消えなくてギブアップです。
前のほうはそこまで傷があったわけではないので、やぶへびだったかなぁと前のほうの部品までコンパウンドを掛けたことをちょっと後悔しています。



ということで今回の更新は終わりです。
話は変わりますが、以前MiG-3の資料サイトを見つけたとこのブログに書いたのですが、そのサイトを昨日見にいったら閉鎖されていましたorzorz
ページを保存しておけばよかったのですが後の祭りです。
ちゃんとした資料を買えってことなんでしょうが、ソビエト機のしかもMiG-3なんて高い洋書しかないんでつらいんですよね。

と残念な話で更新を〆たいと思います。
ではではノシ

| 48-LaGG-3 | 16:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。