| PAGE-SELECT | NEXT

1/35-RCパンサーG型(7)

今年の春は徹底して塗装に手を出しませんでしたが、おかげで絶好調です。
が、そろそろ塗装しなくてもいいお手付きが尽きかけているのでそろそろ塗装したいです。

2014040701.jpg
で、この前もうちょっとだったパンターですが、エバーグリーンのL字プラ棒を買ってきてつけました。
今までプラ板をまげて無理やり接着して誤魔化していたのでこのタイプのプラ棒は初めてなんですが、綺麗に切るのが結構難しいですね。

2014040702.jpg
こちらはU字材を使いたかったのですが、売っていなかったのでL字を貼り合わせています。
サイズ調節で切り詰めた部分が左右でそろっていなかったりします・・・。

2014040703.jpg
牽引ロープ、キットだとロープ部分までプラだったので、ステンレスワイヤーも買ってきたんですが、ステンレスって硬いですね・・・。
単体の質感は抜群だったのですが、車体の凹凸に合わせてまげてうまく這わすことができなかったので使用するのをあきらめようと思います。
ジャンクにあるタミヤのキットにいつも入っているあの糸だとちょっと細いので、もうちょっと太いやつを手芸屋で探してこようと思います。


2014040704.jpg
装備類でちょっと残った部分もありますが、一応、本体は塗装前の状態まで来ました。

花粉予報の「非常に多い」が早く終わらないかなと思いつつ更新終わります。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-RCパンサーG | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(6)

車体上も大よそ組み終わりました。
2014040301.jpg
工具類の取り付け金具を彫り込んでみたりしたんですがさっぱりわかりませんね。(まぁ、塗りわけの時に役に立つのでいいのですが)

2014040302.jpg
パッションモデルのエッチングはグリル類だけ使います。
後期型のヒーターユニットのグリルがついているっていう理由でパッションモデルのエッチングを選びましたが、タミヤ純正のエッチンググリルセットでもなんとかなったんじゃないかなって取り付けた今になって思います・・・。
それとエッチング類の接着って苦手なので、取れやしないかと不安です。


牽引ロープをひっかけるつめを車体に追加するためにL字のプラ棒が欲しいのですが、買い出しに土日にならないといけないので組み立て終了宣言はもうちょっと後になりそうです。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(5)

ソメイヨシノが咲き始めたようですが見に行く気なんてちっとも起きない花粉症患者です。

パンター組み立ての続きです。
2014032901.jpg
砲塔を組み立てました。
毒ガス検知器取り付けパネルなどを追加しました。
砲身は静岡ホビーショーのタミヤ本社のオープンハウスの物販で購入したものです、たしか。
プラスチックより重いのでどうかなと組み立てる前は思いましたが、砲を上下させるアームの磁石も耐えれる重量で大丈夫なようです。

2014032902.jpg
フェンダーには定番工作のライトコードを追加しました。
ライトコードの追加って定番のディテールアップではあると思うのですが、コードの終端がどこに行くかとか良い写真を探さないとわからないので敷居が高い気がします。

2014032903.jpg
キットのランナーをよく見たら非可動版の車体先端パーツにボルトがあったので移植してみました。
起動輪の車軸カバーもあったのですが、RC部分のギヤと干渉して加工が面倒だったので取り付けるのはあきらめました。


後は車体の上半分を組み立てちゃえば組み立てはとりあえず終わりになると思います。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-RCパンサーG型(4)

久しぶりにパンターを引っ張りだしてみました。

リアパネルをつまんで終わっていましたので、車体周りのこまごまとした部分のディテールアップを行いました。

2014032602.jpg
フェンダーは筋彫りを追加したりだなんだとやってます。
フェンダー脇の車体の分かれ目の溶接跡ですが、いつも溶接跡はプラ棒を接着剤で溶かして作りますが、今回は接着すると後々車体を開けてメカを見れなくなるのでエポパテで作っています。

2014032603.jpg
後も工具箱横の車体の分かれ目部分の溶接跡はエポパテでやりました。
前はシリコーンバリアを塗って仮組をしてきっちりと隙間なく仕上げましたが、こちらは収納箱を付けてしまったために手を入れる隙間が無かったので車体をばらして作っています。
前はぎちぎちすぎるほどにぴったりですが、後は隙間が空いてしまいましたね。

2014032604.jpg
それと手を入れたってわけじゃないんですが、このキットはタミヤにしては派手なヒケが多いです。
RC版専用部品の車体だけじゃなく砲塔もベッコリです。
致命的なところでベッコリってことはないのでまだいいですが地味に面倒です。


もうしばらく塗装は自粛したいのでしばらくこれをいじってみようと思います。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-RCパンサーG型(3)

10式塗料切らしたってことで、パンサーにちょっと手を出しました。
前回でRCメカ部分はほぼチェックできたので、ここからはプラモ組み立て的な作業となります。


下準備と言うか+αでパッションモデルのエッチングセットパート1を仕入れてきました。
2011111701.jpg
ベーシックセットらしいですが、色々細かいところまで付いてきます。

2011111702.jpg
細かすぎてぶつけて落っことしたら泣くので、使うのはエンジングリルだけなんですけどね。
余りは前期型キットとタミヤ純正エッチンググリル買ってきていつか使いましょう。


作業のほうはと言うと、リヤパネルを組みました。
2011111703.jpg
2011111704.jpg
後期型のマフラー周りを48ヤクトパンサーで塗った時にとても塗りにくかったので、今回はマフラーパーツなどを後で接着するよう組みました。
大して難しい作業では無いのですが、やはり説明書以外の組み方で位置決めなど手間は手間です。

2011111705.jpg
ほとんど素組みで通すつもりですが、ちょこっとだけデッチアップなどしてます。
あまり金属など接着すると、ぶつけてこすれた時に剥がれたりする恐れがありますが、これぐらいなら大丈夫かと思います。


可動部分などいつも以上に考えちゃう部分があるのでなかなか進みませんが、ここ最近のお決まりの部品注文をしないでいいよう気をつけながら進めたいと思います。
ではではノシ

| 35-RCパンサーG | 07:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT