| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

1/72-零戦21型(11)

花粉症でプラモから遠ざかったままネトゲに夢中になってました。
静岡ホビーショーがもうすぐってことで久しぶりに引っ張り出してみたりしましたが、いまだエンジンはかかってないので進んでいません。

前回、一部失敗したところで終わってしまいましたが修正しました。
2015051401.jpg
2015051402.jpg
写真撮ろうとしたら塗装が荒くなってるところを発見してしまったりしましたが、デカール貼ってクリア掛けてから考えます。


プロペラに全く手を付けていなかったのでプロペラを作ります。
2015051403.jpg
第五回でどうするか3タイプほど考えて悩んだのですが、上の写真をみて3分割したプラ板貼る方法で行くことに決めました。

2015051404.jpg
プロペラ部品を付けるときに角度を考えるのが面倒だったので、元のプロペラ部品をぶった切ってそれを基部にすることにしました。
ぶった切った部分に切り込みを入れてそこに透明プラ板を差し込むようにしましたが、糊代が心許なかったのでプラ板で延長してます。

2015051405.jpg
2015051406.jpg
こんな感じになりましたがどうでしょうか?
基部の延長は縦横から見たときの厚みもちょっと出したかったなーって考えがあったのですが、微妙だったかもしれません・・・。


この後はプロペラの塗装と行きたいのですが、これまた面倒と言うか裏表で色が違うのどうするの?とか悩ましいので手が止まりそうです。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 72-零戦21型 | 19:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/72-零戦21型(10)

どうやら静岡県西部では花粉が飛び始めたようです。


前回、塗装途中で終わってしまいましたが、その後、上塗りをして大きいマーキングを塗装しました。
2015021101.jpg
2015021102.jpg
マーキングは明灰緑色を塗る前にやるかどうか迷いましたが、明るいグレー系だったので後に回しました。

2015021103.jpg
2015021104.jpg
発色は最近の塗料の性能もあってばっちりだったんですが、マスキングの失敗で明灰緑色のほうに被害が出てしまいました。
マスキングしなければならない面積や失敗時の範囲を考えると、初めにマーキングを書いてからマスキングのほうがいいんでしょうかねぇ・・・?


そろそろ塗装の休眠期に入りそうなので、次回はこの失敗を修正してしまいたいと思います。
ではではノシ

| 72-零戦21型 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/72-零戦21型(9)

2015011901.jpg
つや消し黒を吹きました~。

2015011902.jpg
で、灰緑色を吹きました~。
案の定、発色しませんでした~。
おまけに柚子肌で埃とか巻き込んでました~。

2015011903.jpg
修正したと思ったら生乾きにペーパーを当てたせいでこうなってました~。

2015011904.jpg
修正の修正をしたら汚くなりました~。

反省会
・ライトグレー系で真っ黒はやはり無謀だった
・黒は黒でもせめてつや有を使うべきだった
・半艶にしたいんだから濃度の調節にもっと注意するべきだった
・1500番サフ皮膜はペーパーを掛けるときは普通の塗料と同じと思うべき

次の更新でギブアップ宣言するかもしれません。
ではではノシ

| 72-零戦21型 | 20:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

1/72-零戦21型(8)

サフ吹きました。
今回は最近(と言うにはだいぶ前かな?)出たクレオスの1500番のビンサフを吹いてみました。
2015011301.jpg
すごく滑らかできれいなんですけどやっぱりと言うか隠蔽力とかその辺が弱くて、合わせ目けしに使った黒い瞬着の跡がいつまでも出たり薄い部品が透けちゃったりと今回についてはミスチョイスでした。

2015011302.jpg
今回も合わせ目けしをミスしていたので修正しました。
今度は道楽日記ver.2のやひちさんの黒下地を一度真似してみたかったので黒を塗ってみたいと思います。


2015011303.jpg
サフ吹き用のKIDS-105のトリガーがしぶかったのでばらしてみたんですが、以前の分解でボロボロになっていたOリングが完全にバラバラになってました・・・。
前に分解した時点でOリングとしては機能できないほどにボロボロでしたが完全に終了です。

2015011304.jpg
Oリングなんてどうしようと考えながら組み直していたら矢印の空気弁の部品のパイプが割れているのを発見してしまいました。
Oリングは以前から機能してなくても使えちゃった程度の部品でしたが、こちらが壊れると完全に使えません。
似た径のパイプなんて探せばありそうですが、塗料カップのパッキンも怪しいし寿命と見た方がいい気がします。


代替のハンドピースを探したいところですが、別にサフならメインの0.3㎜でも吹けないことないしなぁと迷います。
買うなら今度はプロスプレーなんて安いしサフ専用にするなら掃除が楽そうですが、昔タミヤのバジャーを使おうとしたらノズルの調節がなかなかシビアでうまく使いこなせなかった思い出があるので引っかかります。
ま、とにかくしばらくサフを吹く予定もないのでゆっくり考えたいと思います。
ではではノシ

| 72-零戦21型 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

1/72-零戦21型(7)

うっかりして大分離れてしまいましたが再開です。

2015010901.jpg
前回からちょっと進んで士の字になっただけのように見えますが、半年放置している間に保管していた箱を1mほど飛ばしたらパイロットと座席が射出されたり、照準器の破損を2回ほど繰り返したりと地味に後退した分を取り戻して士の字にしました。

2015010902.jpg
風防の接着はちょっと隙間が空いてしくじったかなと思いましたが、これぐらいなら許容範囲です。
一応、目止めのために隙間にスーパーフィックスを流し込んでおきました。


これで塗装に入れると思うので、再開後は塗装編になると思います。
ではではノシ

| 72-零戦21型 | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。