| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

48-タイフーンMk.1B(13) 番外

だいぶアップしてから2,3日がたっていますがタイフーンの写真を撮り直しました。


2011030501.jpg
2011030502.jpg
こちらのギャラリーページやfgにアップしました。
(ギャラリー館はURL変更してこちらになります。またfgの方もブログパーツの提供が終了したので削除しました。2012/4/9)

今年の花粉予想はかなり飛ぶとなっていましたが、予想通りかなーり酷いことになっています。
とても模型を作れる状況じゃないので1ヶ月ほど製作記の更新は止まりそうです。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 48-タイフーンMk.1B | 19:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

48-タイフーンMk.1B(12) 完成

記事タイトルにあるようについに完成しました。

が、ちょっと終盤で失敗しちゃったりしています。2009091302.jpg
2009091303.jpg
ひらめきというか思いつきで白のパステルを直接こすり付けて伸ばして退色表現をしてみようと思いました。
結果から言うとパステルが思ったより伸びなかったり、モールドにパステルの粉が入ったりと失敗でした。
上手くいくと色味はすごくいいんですが上手くいかないとみっともなくなってしまうので、素直に油絵の具あたりを使ったほうが良かったです。

排気管や機銃まわりのすす汚れはエナメル塗料をエアブラシ吹きです。
前回までAFVの流れでパステルでやっていましたが、航空機のうっすらとした綺麗な(?)汚れだとエナメル+エアブラシのほうがよさそうです。


2009091301.jpg
最終組み立て前に最後の塗り分けです。
ランディングギア周りのダンパーのピストン部分を塗り分けて見たりしました。


2009091304.jpg
今までずっとマスキングしていた部分も剥がしますが、処理が今一だったアゴの内側は出来上がってみるとあまり目立たないようでよかったです。


2009091305.jpg
最終組み立ての接着は瞬間接着剤+エポキシの二枚重ねで接着のりしろが大きい部品はいきました。
瞬間接着剤だけだとちょっとした衝撃ですぐ取れてしまうのでこれで飾るのには十分な強度が得られたと思います。
アンテナ類も細い単純な棒の物は真鍮に取り替えてあります。



2009091306.jpg
ギャラリー館に完成後の写真をまとめてみました。
(URL変更しました。こちらになります。2012/4/9)
最後少しつまずきましたが、久々にイメージと実際の製作がある程度リンクしてくれてなかなか満足感が高いモデリングとなりました。

最近、完成したものを置く場所がなくなってきたのが心配ですが、この調子で製作できたらなと思いまので当ブログをよろしくお願いします。

| 48-タイフーンMk.1B | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

48-タイフーンMk.1B(11)

新製品いいですねと先ほどちょっとはしゃいだ記事をアップしましたが、一旦投稿してから投稿テーマを変更しようとしたら変なところへ間違って投稿してしまいました。
大丈夫なんでしょうか・・・?
また、前回のタイフーンの記事で一番最初の画像をトリミングしてから縮小し忘れて、やたら大きい画像でアップロードしてしまいました。
画像開いて重かったでしょうがすみませんでした。


2009091101.jpg
タイフーン、前回更新分後にデカールにつやありクリアー吹いてとりあえずデカール保護しました。
デカール保護のつもりだったんですがちょっと吹きすぎて少ししわがよっちゃったりしました。

仕方ないのでデカールの段差も均すつもりで軽く2000番のペーパーで空研ぎしました。
本当に軽くで段差なんぞほとんど消えてないのですが、気分的に多少、段差が目立たなくなりました。

とりあえず気分的に満足したので、全体にすみ入れをこの段階でしておきました。
薄く、周りを汚さないよう気をつけてやりましたが、あまりに薄すぎてなかなか墨が載らない部分が出てきたので、シャープペンでラインを書いてみました。
初めてやってみた方法ですがなかなかシャープにくっきりと書けていい感じです。


2009091102.jpg
すみ入れも終わったので最終の艶を決めるためのクリアを吹きました。
前回更新時も艶の程度をどうするか迷っていましたが、最終的につや消し2:半艶1ぐらいで混ぜたクリアーを塗りました。
つや消しビン生だとがさついてしまうのですが、ちょっと艶を足したことによりイメージに近いしっとりとした感じに仕上げられました。


最後に組み立てつつ軽く汚しと行きたいところですが、ここまで珍しくイメージに近い感じで仕上げられているので汚しもばっちり決めたいものです。

| 48-タイフーンMk.1B | 23:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

48-タイフーンMk.1B(10)

今回もタイフーン製作を続けます。


2009090901.jpg
塗り残していたメインギアまわりを指定色の銀で塗りました。
写真を見るとグレーみたいな銀なのでつや消しを厚塗りしてトーンを落としておきました。
後で墨入れをするつもりだったのですが
つや消しだと黒くなりすぎちゃうかなとつや消し塗りたくった後で気が付きました。
まぁ、すでにタイヤホイールのほうが黒くなっちゃっているので合わせる意味でも
墨入れはしますけど・・・。


2009090902.jpg
デカールを貼りました。
また一段と完成に近づいた感が出てきましたが
今回使ったイーグルストライクのデカールは貼りやすさ、印刷品質、フィッティングどれも非常によく
あっという間にきれいに貼れました。

2009090903.jpg
貼るときに一緒に表面に付いた綿棒の糸くずなどが張り付いているので
一日ほど置いたらぬぐいとりたいです。

2009090904.jpg
あらかじめダックエッググリーンの色を近づけておいたおかげで
それほど違和感ないと思います。
珍しく、製作で後を見越して作業が出来てよかったです。


この後は艶ありクリアー→墨入れ→最終クリア→パステル汚し
なんて作業工程を思い描いてますが
最後のクリアーで半艶か艶消しどちらに振ろうか迷っています。

| 48-タイフーンMk.1B | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

48-タイフーンMk.1B(9)

今日は山を越えたので少し画像大目です。


2009090601.jpg
前回、オーシャングレーを塗ったので次にダークグリーンを塗るためにマスキングをします。
こういった迷彩にはいつも練り消しを愛用しています。
図面通りの正確なラインを出すのは難しいですが
簡単にそれらしいラインをマスキングできるので適当モデリングには楽で最適です。


2009090602.jpg
他の二色同様まずビン生の濃い目を下地に塗ります。
2009090603.jpg
続いてあらかじめ作っておいた薄めた色をモールドを若干残すように塗りました。
写真じゃなんか二枚の色変わりありませんね・・・。
実際にはかなり違うのがうっすら残ったモールドのラインに見えるのですが・・・。


と、これで3色とりあえず塗れたのでマスキングを剥がしましたが
いつもこの瞬間はいろんな意味でドキドキします。
2009090604.jpg
失敗がやはり一番気になるのですが
今回は2箇所
右の赤丸がオーシャングレーが上手くぬれていなくて
左の赤丸がラインが不自然な形になっていました。
2009090605.jpg
グレーと緑を3往復ほどして取り繕いました。


2009090606.jpg
2009090607.jpg
クリアー部分以外のマスキングを全部剥がしましたが
まぁ、いいんじゃないでしょうか。(ウフフフ)

| 48-タイフーンMk.1B | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。