FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

35-ISU152(6)

2019101301.jpg
2019101302.jpg
2019101303.jpg
2019101304.jpg
2019101305.jpg
2019101306.jpg
2019101307.jpg
2019101308.jpg
写真撮りました。
仕上げにライトレンズや排気管のすす汚れ足してます。
排気管のすす汚れだけはウエザリングカラー買ってなかったのでパステル削ったのをまぶしてます。

最初は正月休みで完成するつもりだったのに、途中何度も中断しながらですが10月になって完成しました。
エアブラシ使用禁止でやりましたが、単色迷彩なら缶スプレーを使えば塗装はそんな難しい物ではないということを確認できました。
塗装工程も今回ウエザリングカラー使ってみたかったりカラーモジュレーションっぽくしてみたかったりで色々やったのですが、基本色スプレーしてウォッシングだけでも十分じゃないかなと思います。
ではではノシ
スポンサーサイト



| 35-ISU-152 | 08:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(5)

ご無沙汰しております。
特急で別の物を制作していたり、PCが壊れたりして更新できませんでした。
正直、前回、どこまで更新したのか覚えてないレベルなので制作手順が飛んでるかもしれません。

2019100501.jpg
2019100502.jpg
前回、どう処理するか悩んでいた埃はクレオスのウエザリングカラーで攻めてみました。
加減がわからなくてちょっと掛けすぎたのですが、物自体はなかなか素晴らしい塗料です。
ピグメントのような粉っぽい質感を持ちつつ手につかない、しかも油彩系だから部品の接着面を割るようなこともないと文句なしの使い勝手です。
次回はもうちょっと薄めて少しづつ塗っていったほうがいいかなと思いますが、塗り方自体は適当にシャバシャバと筆で置いてふき取るだけなので簡単です。

2019100503.jpg
2019100504.jpg
2019100505.jpg
2019100506.jpg
泥はウエザリングカラーとウエザリングペーストを使ってみました。
使おう使おうと思ってなかなか使えなかった物に初挑戦してみましたが、湿った泥と乾いた泥の表現の感覚が今一つかめなくて車体下など微妙です。
いろいろ試していたせいで全体のテイストに統一感が無いのも失敗ですね。
以前、似たようなAKのエナメル系ウエザリング塗料を使って泥に挑戦したことがありますが、こちらは油彩系で部品がバラバラになりにくいのがいいですね。
質感は悪くないしお手軽で使いやすいので後は数をこなして泥表現の感覚をつかみたいです。


2019100507.jpg
履帯を組んでみました。
塗料で割れるということはなかったのですが、接着が甘かったり保管が悪かったりでバラバラになってしまいそれをつなぎ直すのに苦労しました。
乾燥後の収縮で長さが足りなくなったりで隙間ができたり、組み込みが悪い感じモロ出しになってしまいました。
それと転輪の裏側が意外に見えてしまってウエザリングしてないのもモロばれになってしまってますが、もう筆も入れにくいしで面倒なので見なかったことにします。


ほぼ完成したので後は写真撮ってアップロードしたいと思います。
ついでに特急品もちゃんと写真撮ってやりたいですね。
ではではノシ

| 35-ISU-152 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(4)

細部の塗分けとチッピングをしました。

2019052601.jpg
木目は実物は車体色だった?とこの色で塗るのは正解かわかりませんが、このほうがワンポイントのアクセントになるので木目にぬります。

2019052602.jpg
牽引ロープ、SUシリーズは模型だと接着が無茶な方法で留められているのですが、何とかしようとしてたら瞬着でぐちゃぐちゃになってしまいました。
とりあえず鉄色塗り重ねましたが、さび色やら砂色やらさらに重ねてごまかしたいです。

2019052603.jpg
履帯も筆塗りで塗ったんですが、ちょっと黒すぎるかんじがします。
この後、砂色系のウエザリングやつや消しスプレーなどで調節してみます。

2019052604.jpg
2019052605.jpg
チッピングもやりましたが、あまりやりすぎると面倒なのでそこそこに。
起動輪、左がチッピング後、右がチッピング前ですが、こうやって写真にするとあまりわかりませんね…。


今回、エアブラシ禁止ルールで作ってるんですが、この後の埃の処理どうするか悩んでいます。
スプレーで行くかウエザリングカラーで行くか、どっちが狙いに近づけるか難しいところです。
ではではノシ

| 35-ISU-152 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(3)

正月以来の更新です。

2019043001.jpg
2019043002.jpg
デカール貼ってからの続きでいろいろ写真を撮るのを忘れて飛んでますが、今こういう状態です。
やったこととしては
1.水性アクリルでヨモギ色を作って凸部にハイライトとして筆塗り
2.油彩の茶と黒系色でウォッシング、スミ入れ
3.油彩でヨモギ色を作ってパネルラインの上側に塗って疑似カラーモジュレーション塗に挑戦
4.油彩でフィルタリング
です。
2のウォッシングと3のパネルライン塗は逆の順番にしたかったのですが、諸事情でこうなりました。
ウォッシングはふき取りを今までは綿棒で細かくふき取る感じでやっていたのですが、今回はキムワイプでトントンと叩くように落としていきました。
缶スプレー塗装で細かい色のグラデーションが弱かったので大雑把にスミが入ることでいい感じになりました。

大まかに車体色ができたので次は細かい塗分けをしたいと思います。
平成最後の完成とはいきませんでしたが、平成最後に更新ができほっとしたところで今回の更新終わります。
ではではノシ

| 35-ISU-152 | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(2)

塗装編です。
2019010601.jpg
まずはサフ兼下塗りです。

2019010602.jpg
続いて上塗り。
足回りはサフの色を残すように緩く吹いています。

2019010603.jpg
ハイライトです。
上からのみ吹き付けるようにしています。

2019010604.jpg
今回使った色です。
左から下塗りクレオスのマホガニーサフ#1000、上塗りタミヤのエアーモデルスプレーAS14オリーブグリーン、ハイライトのクレオスのガンダムカラースプレーSG07MSディープグリーンです。

2019010605.jpg
2019010606.jpg
デカールの貼り付けもしました。
白帯は凹凸にかかるデカールだったので全部塗ってしまうか迷いましたが、デカール貼ってみてだめだった部分をタッチアップしてます。


正月休み中に完成なんてことを年末は考えていましたが全然無理でしたね。
デカールの乾燥にちょうどいいので続きは来週です。ではではノシ

| 35-ISU-152 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT