| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

700-リシュリュー(9) 完成

2009101702.jpg
フランス国旗はデカールを使用してリタッチする方向で行く事に決めました。
こういうデカールの使用方法は初めてなのですが、下地が無いのをうっかり忘れてつや消しクリアーを吹いて、あやうくしわくちゃにしておじゃんにしてしまうところでした。

2009101703.jpg
船体のほうにも窓などにすみ入れをしたのですが、いつもエナメル塗料の希釈に使っているペトロールが切れてしまったので、新しく無臭ペトロールを買って来ました。
で、希釈しようと入れてみたのが上の写真左なのですが、タミヤエナメルがぜーーーんぜん溶けません。
普通のペトロールや写真左のタミヤエナメル溶剤なら溶けるのに、明らかに溶剤の種類間違えた反応です。
ネットで検索すると溶けにくいという記述が見られますが、溶けにくいというレベルではないのです。
何が悪かったのかはわかりませんが、1000円もしたのでちょっとショックでした。


2009101704.jpg
希釈はタミヤエナメル溶剤でやり、すみ入れ&錨の鎖の塗りわけ、錨周りの軽いサビ表現をしてクリアがけをしました。

2009101705.jpg
旗をつるす竿は0.2mmの真鍮線、ロープはつり用の1号ナイロン糸です。
形状はgoogle先生に聞いてでっち上げた物なので細かい形状はわかりません。
1号糸で0.165mmらしいのですが、もっと細い糸があればよかったかもしれません。


2009101701.jpg
ということで完成でございます。
こちらに完成後の写真まとめました。
(ギャラリー館のURLを変更したのでこちらになります。2012/4/9)
また後ほどfgにもアップしたいと思います。


追記
fg投稿しました。

(fgからのブログパーツの提供が終了したので削除しました。2012/4/9)
スポンサーサイト

| 700-リシュリュー | 17:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

700-リシュリュー(8)

2009101601.jpg
ボフォースの暗黒面



ごめん、書いててやっぱり寒かった・・・。


2009101602.jpg
塗り残していたエリコン50丁を塗ります。
面倒なので裏側は無視して、全体をまず黒で塗った後にライトグレーを正面だけに吹きつけ、筆で黒をリタッチしています。

2009101603.jpg
チマチマとつけていきます。
細かくて持ち手が無いのでゲート跡のリタッチは接着後です。
ガイドの穴がどれもちょっとだけ狭いのでドリルで浚っておきました。

2009101604.jpg
ちょっと20mm単装機銃にしては大きいかもしれませんね。
盾部分がちょっとセンターをはずしていたり精度も今一なので、ブルジョワジーなお方はエッチングなんかに変えると見た目がよくなるんじゃないでしょうか。


2009101605.jpg
2009101606.jpg
と、最後の細かいイライラする部品をちまちまとつけて、艦橋を組上げてこうなりました。
船体とにらめっこしながら部品をつけていたら接着剤をしこたま吸い込んで、気分が悪くなったりして何度も中断してなかなか進みませんでしたが組み付け95%完了です。
部品の精度が残念でしたが、モールドとディティールがみっちり入っているので素組みでも見栄えがしますね。

この後、船体は窓枠をすみ入れしたり、クリアを塗ってつやを整えたりしたいです。

2009101607.jpg
あと旗竿がなかったのでそれも真鍮線で追加します。
やる予定ではなかったのですが、モノクロの船体にトリコロールの旗は良いアクセントになりそうなので急遽追加です。
MAC煙突上の旗をくくりつけるロープは伸ばしランナーを使うつもりで上のように用意したのですが、下記の理由で強度が不安になったので写真撮影後にナイロン糸を用意しています。

2009101608.jpg
下記の理由ってのがこれなんですが、せっかくデカール用意してくれたは良い物のびみょーな不具合です。
左右の絵でつながっていて竿にデカールを巻きつけろって事なんでしょうが、真ん中が白だと巻きつけてもみっともない事になりますわな。

この艦の経歴を考えると大事なシンボルでもあるのでデカールを使うにしろ何か作るにしろそれなりに作りたいですね。
次回あたり完成と思いますが今回はここらへんで、ではでは。

| 700-リシュリュー | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

700-リシュリュー(7)

2009101101.jpg
最終、組み立てを開始しました。
小物で2、3点実際に取り付けて見たら寸法が大きくてあわてて削ったりしましたが、この段階では順調です。
塗りなおしや、未塗装の部品の塗装があるので一旦ここまででストップです。


2009101102.jpg
ブルワーク?でいいんでしょうか艦船系は今一まだ用語がわかってないのですが、この一番前の波除の白黒を間違えました。
接着しちゃってから塗装図見て気がついたんですが、修正は面倒なのでそのままとします。
2009101103.jpg
40mm(説明書見ると13.2mmになってるけど違うはず)4連装機銃のブルワークも2セット白黒間違えましたが、こっちはまだ接着前なので修正します。
塗り残した細かい部品もついでにやっちゃおうと思います。


ところでネットを検索したら1943年時状態の作例で船体にグラデーションの迷彩を掛けてあるものがありました。
塗装図を信じてやりましたが、たしかに画像検索を掛けたりするとそっちが正解っぽいです・・・。
あんな大きいものにわざわざご丁寧にグラデーションを掛けた塗装をしたのもすごいですが、今更修正とか簡便な話なので知らなかったことにしたいと思います。


今更なミスが目だって来ましたが、形にはなっているのでどんどん進めて行きたいと思います、ではでは。

| 700-リシュリュー | 07:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

700-リシュリュー(6)

素組みなのですが、なれない艦船でキットのボリュームに押されてなかなか時間が掛かっています。

2009101001.jpg
筆塗りで細かいマスキングを手抜きした部分を塗っていきます。
エアブラシ買う前、筆塗り時代もあったのですが、塗料が水性アクリルだったのでラッカー塗りは苦手です。
2009101002.jpg
暗い軍艦色の上に明灰白色なので塗りムラとか下地の透けが気になりますが、こんなもんでしょうか。
リターダー入れてるのでつやが違っちゃってますが、それはあとでどうせクリア吹くつもりなので大丈夫です。


この後、はみ出しをさらに修正するために軍艦色、ブラックグレーを筆塗りしました。
2009101003.jpg
ついでにMAC式煙突の排気口や主砲塔のキャンパスなんかも黒で塗っています。
細かい探査灯や単装機銃なんかをまだ放置してますが、大まかな構造物はそろいました。
やっぱり戦艦は砲塔が出来上がると様になりますね。

これで、もう組み立て入れるので組み立てていっちゃいたいです。
単装機銃はこれまた46機分の防盾の色を確認して塗り分けていかなきゃいけないのですが、明灰白色とブラックグレーの数の確認が面倒なので、全体を組み立て後に周りの迷彩色を見て数えたいです。

| 700-リシュリュー | 06:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

700-リシュリュー(5)

俺、この戦艦が出来たら飛行機作るんだ
って感じで未完成フラグがたちかけて、大分更新ペース落ちていますがなんとか進めています。

2009100301.jpg
甲板色のMr,カラー#32軍艦色を塗ろうとしてちまちまマスキングテープでマスキングしていましたが、艦橋周りでノイローゼになりかけました。
マスキングテープ切り出すのも嫌になったので、少々乱暴ですが筆塗り&練り消しマスキングに頼りました。
練り消しでマスキングするとリタッチ必須になりますが、もう筆塗り修正前提で進めているのでかまいません。
対空機銃銃座に至ってはマスキングすらしないで、エアブラシの調節で乗り切りました。

2009100302.jpg
2009100303.jpg
若干やけくそ気味ですが、大まかに塗り分け終了です。


2009100304.jpg
船体のほうも喫水線ラインの黒塗装を塗ってなかったので塗ります。
マスキングは大まかにダーッとマスキングテープを張ってから、刃の当たりの高さをプラ板で1mmに調節したデザインナイフの刃でグルッと切り抜きました。

2009100305.jpg
ぱっと見は綺麗だけど
2009100306.jpg
よく見るとよれてます・・・。
もうちょっと広い平らな台で新品のよく切れる刃を使うべきでしたね。


モチベーションが大暴落していますが、もうちょっと、もうちょっとで完成なんだと言い聞かせつつ筆塗り修正をしこしことしたいと思います。

| 700-リシュリュー | 16:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。