2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

レンズがほすぃ

2010022701.jpg
α550を買ってからいろいろ撮って見ましたがオートホワイトバランスなどが優秀でほとんど何もいじらずにきれいに取れますね。
模型の撮影は多少知識を仕入れたのであれこれやれますが、他の物はまるできれいに撮る知識が無いので助かります。
花だってちょっと絞って絞りを開放で望遠側で写してやればなんとなくそれっぽいのが出てきてちょっとうれしいです。

2010022703.jpg
2010022702.jpg
とりあえず何でも絞りを絞って開放で撮ってしまうのがなんだか初心者丸出しなのかなって気もしますが・・・。
ちなみにせみの抜け殻は季節感がぐちゃぐちゃになりそうですが、正真正銘の2月の画像です。
2月にセミの抜け殻がこんなにきれいに残ってるのもある意味貴重ですよね。


てな具合で使ってるとそろそろ交換レンズが欲しくなってきます。
交換レンズも2万円~なんてプライスタグが平気で付いているのでおいそれと手を出せませんが、せっかく一眼レフ買ったのだから少しは欲しいです。

2010022704.jpg
一番初めに買い足すとしたら望遠ズームでしょうか。
18-55mmだとこんな被写体はかすりもしませんが、せめてトリミングで見れるぐらいの望遠が欲しいです。
価格.comでしらべるとシグマかタムロンの70-300mmクラスの望遠ズームが値段的に安いのですが、合計3種類もあってどれを買えばいいのか悩みます。

また、このカメラのメインの用途を考えると先にマクロレンズを買ったほうが使うか?とも悩みます。
前に標準レンズでもなんとかなると書きましたが、それでももうちょっと寄れて大きく写せるレンズがあれば便利になるに違いありません。
マクロレンズで買うとしたら値段的にソニー純正の30mmかシグマの50mmどちらかなと考えています。


まぁ、なににしろ2、3万する物ですし、おいそれと買い足せませんね。
ということで物欲を書きなぐったチラシの裏を終わります。
ではではノシ


2月28追記
文書を読んで何か変だなと思ったら、絞りの開閉を逆に表記してました。
カメラの事まだよくわかってないので許してちょーだいな。
スポンサーサイト

| 買った止めた音頭 | 21:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

48-強風11型(9)

IS-2も完成したので強風へと参りたいと思います。

いじりだしてから結構な間が空いてしまいましたが、前回までにこんな感じになっております。

で、今回は透明プラスチック片の接着までした翼端灯を削る作業となります。


ランナー接着に使用した接着剤が開封から1年以上たち、最近、品質が怪しくなっています。
ランナーを接着する段階でも1回取れてしまっているので、最初の余分な部分の削りだしには気を使いました。
2010022401.jpg
買ってから使っていなかったエッチングソーを引っ張り出して、少しずつ刃を入れていきました。
エッチングソーを使うのは初めてなんですが、こういった強度に不安があるものに使うのにはいいですね。

2010022402.jpg
で、大まかに形を整えたものを金やすりで大体の形に整えました。
ここまできてしまえば以前にもやった作業なので後は簡単です。

2010022403.jpg
紙やすりの#400~#2000で削りました。
ここら辺が面倒なのですが、小さい部品なので時間自体はそんなにかからなかったと思います。

2010022404.jpg
最後にコンパウンドで磨きます。
後でクリアーの青と赤を塗る予定なので適当で済ませておきます。
以前作ったカーモデルのときは磨いても磨いても終わらない無間地獄でしたが、今回は小さいので10分ぐらいで終わりました。


といったところで今回の模型の話は終わりです。
話は変わって最近暖かくなってだいぶ気温的にはすごしやすくなってきたのですが、それとともについにスギ花粉の季節がやってきてしまいました。
寒いのは我慢出来るレベルで遅いながら模型をいじっていたのですが、アレルギーはちょっと無理かもしれません。
特にエアブラシで溶剤を撒き散らしたりすると症状が悪化するので5月ごろまで塗装はなかなか出来ないと思います。
ということで、しばらくさらに更新頻度が下がりますがよろしくお願いします。
ではではノシ

| 48-強風11型 | 18:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

35-IS-2(25)

2010021901.jpg
写真撮影がおわりHP更新しました。
こちらにまとめてみましたのでよろしくお願いします。

またfgにも投稿しました。
(写真はこちらのほうが多いです。)

(ギャラリー館のURLを変更したのでこちらになります。また、fgはブログパーツの提供が終了したので削除しました。2012/4/9)


今回の撮影、買い換えたカメラで全部やったのですが、使い方にも多少なれて今までに比べて綺麗な写真を取れたと思います。
キットレンズで今のところ過ごしていますがこういったちょっと離して全形を撮る撮影にはこのレンズは非常に使いやすいです。
1/48のフィギュアの顔を撮る時など最大撮影倍率1倍のマクロレンズも欲しいところですが、それ以外はこのレンズでいけちゃいそうですね。

あとα550本体の機能としてα380,330にはないMFチェックライブビューというのがあるのですが、今回、正面の写真を撮ったりしたときにピントを調節するのに大活躍しました。
HDR撮影も使ったのですが、暗くなってあまり見えないだろうと手を抜いた部分がもろに見えてしまったのでその写真はボツとなりました・・・。

あと、α550が約バッテリー込み700g、レンズが200gで合計約1kgなのですが、三脚がその重量を支えきれていません・・・。
脚が勝手に縮んできてしまったり、カメラがオジギをしてしまったりとこりゃまずいって感じです。


とりあえず完成していまはほっとしたというか達成感に包まれています。
次は強風再開かなと考えつつ今日の更新を終わります。
ではではノシ

| 35-IS-2 | 14:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

35-IS-2(24)

いよいよ仕上げの細かな作業を残すのみとなりました。


2010021801.jpg
地面と接する面には前回もドライブラシを掛けたりしましたが、今回はさらに黒のパステル粉を綿棒で擦り付けてみました。
ちょっと黒くなりすぎた感じもしますが遠目に見ればこれぐらいがいいんじゃないでしょうか?、と思います。

2010021802.jpg
黒パステルを摩り下ろしたついでに、パステルをアクリル溶剤で薄く溶いたものを履帯内側に薄っすらと帯状に塗って、履帯と転輪の摩擦面を表現してみました。
非可動式組み立て利体はベルト式や可動式組み立て履帯だとこのあたりの作業が面倒ですが、安価でリアルという事を考えるとしょうがないです。

2010021806.jpg
履帯周りはこれにて終了ということで、接着しました。
フェンダー周りの不自然さはぬぐえないですが、ロシア重戦車の足回りは完成するとかっこいいです。


2010021803.jpg
排気管のすす汚れも最初につけたものからさらにいろいろ重なって色の押しが弱くなっていたので、エアブラシでちょっとだけ上書きしてやりました。

2010021804.jpg
主砲マズルブレーキや砲塔後方機関銃などをほんの少しだけ銀でなでてみました。

2010021805.jpg
艦船模型の付属の飛行機などもそうですが、ペリスコープなどの本物は透明だけど透明パーツ化してない物の色に何を使うのかは迷います。
透明パーツにしてしまうのが手っ取り早いのでしょうが、そう簡単にはいかないです。
銀色に塗ろうかとも思いましたが、それも何か違うということで今回は艶ありの黒で塗ってみました。



これで忘れていなければ予定していたすべての作業を終了したのであとは写真を撮って完成です。
ではではノシ

| 35-IS-2 | 14:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

35-IS-2(23)

前回予告通りちょっと戻す作業です。


2010021101.jpg
2010021102.jpg
使った色は青、黒、暗緑色を適当に混ぜたかなり暗いエメラルドグリーンです。

適当に色調したのをシュッシュと吹いてみましたがなかなかいい感じです。
ただ、慣れて無いというかセンスが無いというか部分部分の柄は欲しかった物に近い物が得られました全体で見ると・・・。
サイドはちょっと濃くやりすぎたかなという気もしますし、もうちょっと繊細に吹くべきでした。

でも、やりたかった事の方法が少しわかったのでそれだけでも満足です。
次回への改善点としては
・コントラスト強調のために砂色をもっと濃く吹く
・青の筋を丁寧に細く吹く
・規則的になってしまったのでもっとランダムに筋をつける
といったところかと思います。


2010021103.jpg
履帯もちょっと進めました。
写真左側の履帯なのですが、地の色に使った鉄色をドライブラシの要領で塗ってエッジを強調しました。
泥道ではなく石畳やアスファルト上をイメージしているので、具体的にどうするか迷っていますが地面と接する面にこの後もうちょっと何かしたいです。



ということで今回の模型の話は終わりです。

話は変わりますが、奥歯の奥の歯茎が腫れて食べる事も困難になったので歯医者に行ったら親知らずだそうな。
歯茎に包まれて見えなかっただけでレントゲンを撮るとにょっきり左右から立派なのが"真横に向かって"生えていました。
放置しておくとよくないそうなので抜く事になりましたが、それって歯茎の肉を切ってその中から歯を穿り出すってことですよね・・・。
来週の月曜に抜く予定ですがただ歯を抜く以上に痛そうでちょっとブルーです。
麻酔の注射が上手い先生だといいなと思いつつ今日の更新を終わります。
ではではノシ

| 35-IS-2 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。