2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(18)

前回の続きです。


2010042801.jpg
コマンダーがしっくりフィットしなかったので右足を切って針金で調節してみました。
まだパテは盛ってないですが、ポーズとしてはこんな感じでいいと思います。

2010042802.jpg
で、再度、構図の微調整です。
砲塔に乗せたほうが上下の広がりが出てくるので砲塔のうえにフィギュアを乗せる事にしました。
それにこの配置ですと首をひねらずとも全員の視線が一定の方向に向かってるように見えるので、多少は話してる感が出ると思います。
ます・・・と思っていましたけどコマンダーの首を少し下に向けてやってもいいかと思えてきました。
下の搭乗員2人が会話してるのは確定ですが、コマンダーが下の二人を見ているのか、下の二人の話題の対象である少し遠くにある物を見ているのかどちらがいいのか悩みますね。


2010042803.jpg
まだコマンダーフィギュアだけなんですが、袖口などを削ってみました。
デザインナイフなどでつついただけなので厚ぼったいのですが、削ってないフィギュアと比べれば多少は違いがあると思います。

2010042804.jpg
よく見ると本当に厚いんですけどね・・・。
でもあんまり攻めるとOBになりそうですし、地味で単純な作業ながらそこそこ時間が掛かるのでここらで勘弁して欲しいです。



フィギュア、車体、ベースどこから仕上げていくべきか悩んでいるのですが、しばらくフィギュアをいじって見たいと思います。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(17)

どう配置してやろうかと考えてみたいと思います。


配置するベースは御手軽にダイソーで買ってきたB5サイズ枠の額縁です。
フィギュアはタミヤのドイツ戦車兵小休止セットから黒い戦車兵の制服を着た3体をチョイスしました。

案1
2010042501.jpg
とりあえずぱっと浮かんだ配置に配置してみました。
青いUSBメモリー部分はあとで瓦礫を配置する部分です。
防盾上にコマンダーを置くのが配置としては自然かと思うのですが、わざわざそんな座りにくいところに座るのか?ってなりますね^^;
あと一応、戦車が主役なのに戦車がそっぽ向いてしまっているのでボツです。

案2
2010042502.jpg
ということで戦車の正面側が見れる配置にしてみました。
今度はコマンダーを座らせるのにちょうどいい場所になやみます。
というかこのコマンダー、出来はなかなか良いと思うのですが、脚の角度など微妙に使いにくいです。
脚と腕がからんでるのであまり切った貼ったをしたくないのですが左足の角度程度は変えないといけないようです。

案3
2010042503.jpg
砲塔の上に座らせるのもいいかもしれません。


今ひとつ、コマンダーの座りが悪くてしっくりくるポジションが決まりません。
先にちょっと脚をちょん切ってポーズ合わせもかねて再度微調整をしなければならないようです。
お人形遊びは面白いのですが、センスが試される部分でどうするべきか悩まされますね。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 14:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(16)

コーティングも終了したので、コーティング作業時に邪魔になるだろうと残しておいた上面などのパーツを取り付けました。

2010042301.jpg
基本的ドラゴン製ですので組み立てにてこずることはなかったのですが、上の写真の赤矢印の下の穴など、"?"っとなってしまうところが数箇所ありました。
資料本はもう手元にありませんし、なかなかいいアングルで写った写真もインターネットでは見つけにくく放置となってしまいました^^;


2010042302.jpg
ライトコードは0.5mmの銅線(だったと思う)でちょいと追加しました。

砲が重くて下がってしまうので駐退機にオモリをと前に書きましたが、ちょうどいいオモリが見つからなかったので、結局接着してしまいました。
↓で全体像の写真を貼りますがちょっと下向きだったかもしれません^^;
砲身自体のテーパーとあわせて下を向いているように見えてしまいます。


2010042303.jpg
牽引ロープを固定しておく金具部分の部品があったのですが、1つ紛失してしまいました。
一つだけ作り直すと他とのバランスが悪いので、デテールダウンとなってしまいますが全部プラ板で作り直しました。

バケツはタミヤのドラム缶セットから持ってきたのですが、こんなところには多分ぶら下げませんね(笑)
他に簡単につるせる場所がなかったのでここにつるしますが、雰囲気ってことで^^;


2010042304.jpg
ちなみにハッチ上の景色はこんな感じです。
排気管周りも撮影のために仮止めしてみましたが、やっぱり排気管の改造箇所のサイズは適当すぎたかもしれません・・・。

ポルシェ砲塔タイプの中期以降ですとグリルの上からさらに金網がかぶせられているのですが、今回は初期型ということでつけていません。
キットについてきたエッチングパーツですが、やたらとやわらかくてあっという間に曲がってしまい取り扱いがちょっと面倒でした。



ということで車体の組み立ては終了したのでばらばらの部品も仮止めしてみて写真撮影をしてみました。
2010042305.jpg
2010042306.jpg
最初に仮組みしたときはそこまで大きな印象はなかったのですが、こうやって砲身をつけて履帯をつけると非常に大きいです。
大きいといっても現代のMBTとも違った縦横比で、非常に幅広く見えます。



さぁ、ここから塗装だ!といつもなら行くところなのですが、今回はちょっとだけ展示ベースに凝ってみようかと思います。
そろそろジオラマの一つもやってみたくなるころなので、今回は簡単な土の地面のベースをつけてみたいと思います。
初めてのことなのでひょっとしたら最終的になかったことになっているかもしれませんが、次回ちょっと配置などを検討してみたいです。

それでは今日の更新を終わります。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 07:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(15)

コーティング終わりました。
親指が痛いです・・・。

2010042001.jpg
2010042002.jpg
2010042003.jpg
なんだか汚いですがこれで終わりです。
フェンダーは転輪、履帯を付けるときに邪魔になりそうだったので、後で取り付けれるよう生乾きのパテに押し付けて跡だけ付けておきました。
正面のパテの散布が特に下手だったのがちょっと痛いですね。
今回はタミヤの高密度タイプのエポキシパテを使用したのですがちょっと硬かったかもしれません。
ミリプットパテが水で硬さを簡単に調節できるそうですので、次ぎやる機会があったらミリプットパテを試してみたいです。

こうやって写真で見ると初めにやった部分と最後のほうにやった部分で仕上がりに差がありますね^^;
初めと最後のばらつきはツィメリットコーティングをやるときは毎度のことなんですけどね。


次は残った部品を取り付けて車体の組み立てが終わりとなるのですが、それなりにまだ部品が残っているのでもう数日かかりそうです。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 09:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(14)

量産47台で初期型ってなんやねんって感じですが、初期型への改造は一応、今回で終わりです。


2010041501.jpg
排気管ですが、ジャンクパーツにタイガーI用の丁度よさそうな排気管パーツがあったので流用しました。
生産時期的にタイガーIのパーツでも使ってるんだろうと勝手な憶測で使いました。

2010041502.jpg
過程は省きますがこんな感じにしてみました。
やっぱりとうか微妙に真鍮線の支柱を通す穴がずれてゆがんでしまいました。
この手のゆがみが後になってどんどん拡大して出てくるパーツは苦手です。

2010041503.jpg
んー、失敗したな・・・。
大きさもイラストから見た感じと全然違います。
しかも調べたら第130教導機甲師団のキングタイガーの排気管は部隊で独自に改修された可能性が高くこの形じゃないんだそうな・・・。
どうせカバーで覆えば大して見えなくなると思うので面倒だしこのままにします。


2010041504.jpg
ライトコードの基部も形が違うのでランナーを削りましたが、小さいのできれいな形になりませんでした。

2010041505.jpg
一応は丸じゃない多角形に見えるのでよしということで。
コードのほうはツィメリットコーティングをした後につけようと思います。


2010041506.jpg
2010041507.jpg
ラジエターの排気グリルの周りにある吊り下げようフックも初期型では無かったことがわかったので、パーツを付ける穴をパテで埋めました。
こういうちょっとした穴埋めには光硬化パテは便利です。


一応、本を返却するまでにやっておかなければならない事はやりましたので、次回からコーティングをしてしまいたいと思います。
まだ組み立て終わってないんですが疲れてきました・・・。
それではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 23:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。