2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(35)

雨が降ったり止んだりでしかも風が強いときが多くて困ります。


機動輪の塗装が剥がれそうな部分の塗料を剥がしました。
2010062701.jpg
メタル製の部品はこういうときにいいですね。
ホワイトメタルの地がそのまま出る事になりますが、頻繁に激しくこすられて磨かれていた部分これで問題ないと思います。
まぁ、後でちょっと茶色のパステルや鉛筆の粉をなでて、落ち着かせたほうがいいかもしれませんけど。


車体も塗装の剥がれの表現をつけていますが、プラスチックですから筆でチマチマと剥がれを書き込んでいきます。
2010062702.jpg
筆でチマチマとやる上にこの天気でまだ車体の8割しか終えていません。
全体に一通りやるのを待っていたら1週間以上ブログ更新なしとなってしまうので、とりあえずここで更新しました。

2010062703.jpg
2010062704.jpg
とりあえずちょっと酸化した鉄色ってな感じの色でやっていますが、これを見るとさらに軽く引っかかれて明るくなった塗装面色(クリーム色?)も軽く射してやるといいかもしれません。
必要な部分の8割ぐらいはたまたますでにドライブラシで同様の効果が出ていますけどね。

前回、締りが無いと言ったことを書きましたが、ダークイエローにチッピングは似合いますね。
一気に全体に力が入ったような気がします。
今までの工程の中で一番時間が掛かっていますがやる価値は十分あります。


次回更新で一通りチッピングを掛け終わりたいでのですが何日後になるのやらといった感じです。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 07:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(34)

ウォッシングと墨入れを行いました。

2010062301.jpg
2010062302.jpg
2010062303.jpg
ツィメリットコーティングもありましたし、パネルごとに塗料の色や濃さを調節してウォッシングしています。
基本塗装段階で塗料に白を加えたりして明るめに色を作ったつもりでしたが、それでもその前の段階で大分色が沈んでしまっていたのでかなり控えめに注意しながらウォッシングをしました。


んで、一旦全体の確認のために転輪などをつけてみました。
2010062304.jpg
2010062305.jpg
ん~、いろいろ言ってた割にピリッとしないというか没個性です・・・。
ベースもつける事ですし、派手目にサビとチッピングなどを入れてみるといいのでしょうか?
あと転輪のハブキャップの塗りが甘くて下地の赤が見えちゃうところがあったので修正せねばなりませんね。


このあとはチッピングをやる予定ですが、どこをどの程度やるのかイメージが湧きません。
ここも加減が怖いところなのでなかなか進められ無いといった事になるかもしれません。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 21:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(33)

雨が降ったり止んだり今年の梅雨はしっかり雨が降りますね。


という事でなかなか作業を進められなくなっちゃったのですが、なんとか進んだ分の更新です。
2010062101.jpg
2010062102.jpg
フィルタリングをやってみました。
毎回、一応それらしい事をしてみたりはしていたのですが、へっぴり腰になって遠巻きにエアブラシから塗料を乗せる程度しかやっていませんでした。
今回は思い切って油絵の具をチョンチョンと乗せて伸ばしてみる方法を初めてやってみました。
伸ばす量が足りなかったかなぁと後になって思ってしまう部分もあるのですが、ウォッシングでなんとかなるんでしょうか?
ツィメリットコーティングは塗装などでもイレギュラーな部分があって難しいです。


2010062103.jpg
2010062104.jpg
細かい塗り分けも続いてやりました。
車外装備品は車体と一緒くたに塗装されていて、実際はこんな風に塗り分ける必要は無いという話も聞いた事がありますが、模型的アクセントになるので塗り分けました。

2010062105.jpg
何にも考えず塗ってしまいましたが、ジャッキ台ってわざわざニスを塗るような場所でもないしこんな色じゃないですよね・・・。
しかも、元々キットにあるモールドに乗っかって塗ったら濡れせんべいみたいになっちゃったし。
面倒なのでそのままにしますけど・・・。


このあとウォッシングと墨入れをして一応、塗装は一区切りつけたいと思います。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(32)

本格的な梅雨真っ只中という感じですが昨日一昨日は晴れ間が見えたので作業を進められました。


2010061801.jpg
待機二日作業20分でしたがデカール保護のクリアー掛けをしました。
3/4つや消しぐらいに白をほんの少し入れたものを吹きましたが、まるで何をしたのかわかりませんね。


2010061802.jpg
続いて、汚し第一弾でドライブラシ的な作業をしました。
この辺はどういう手順で組み立てるのかいつも悩みますが、今回はドライブラシをあまり目立たせたくないので、一番最初にやり後々の作業でなじませていくつもりです。

2010061803.jpg
ドライブラシ"的"と書いたのは、こういった装甲の切断面などにに軽く白色を乗せてみたからなのですが、ちょいと技術とセンスが足りなかったようです。
ちょっとミスをしたかもしれませんが、この後のウォッシングなどでなじませればまだ挽回できると思います。


2010061804.jpg
前回、書いた石膏泥ですが、2パターンほどさらにためしてみました。
右一番上が前回作った、タミヤエナメルフラットブラウン+油彩バーントアンバー+パステルバーントアンバーです。
右真ん中が、タミヤエナメルフラットブラウン+油彩バーントアンバー+パステルローアンバー、
右下が、タミヤエナメルフラットブラウン+油彩オリーブグリーン+パステルローアンバーです。
パステルは手持ちではローアンバー辺りを使うほうがいいですね。
履帯に塗る分を量産する時は真ん中と下を混ぜた感じがいいかなと思います。


とりあえず車体だけでも6月中に何とかしたいのですが、今年の梅雨はしっかり雨が降りそうですね・・・。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 17:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

35-キングタイガー(ポルシェ砲塔)(31)

歯を抜いて帰ってきたら入梅していたでござる。


今日は晴れているので後でクリア掛け出来そうですが、昨日一昨日はとてもそんな天気ではなかったので履帯をいじってました。
2010061601.jpg
タミヤアクリルのフラットアースで塗装しました。
プライマーを塗らずに塗装しちゃいましたが、やっぱりちょっとぶつけたりするだけで簡単にはがれちゃいますね。
下手なところに当てて変なはげ方をされると困るので、写真の下に敷かれてる広告でくるんで保管しています。
どうせある程度は剥がすつもりなので保管をしっかりすれば問題ないはずです。


2010061602.jpg
で、そのあと泥系の何かを塗りたくってやろうと思ったので2つほど用意してみました。
左のオリーブ系の粒子が粗いのがタミヤのテクスチャーペイント、右が絵具+石膏系で試作したものです。
色はとにかく質感はテクスチャーペイントは履帯に塗るのには荒すぎるので石膏系のほうがよさそうです。

色は雑誌などの製作記で具体的に色を書いてあったものを参考に、タミヤエナメルのフラットブラウン+油彩のバーントアンバー+茶色のパステルの粉を混ぜてみたのですが、いくらなんでも茶色すぎですね。
記事ではハンブロールのチョコレート+油彩のバーントアンバー+茶色の顔料となっていたのですが、きっとチョコレートなどは私が思っている色と違うんでしょうね。
もうちょっとオリーブ系の色を加えるといい感じになりそうなのでいろいろ組み合わせを試して当たりをつけておきます。

ちなみに石膏は水と化学反応を起こして硬化するそうでエナメルなどの溶剤を混ぜてもがっちり硬化したりはしません。
記事では油彩とハンブロールの塗料を混ぜたりしてややこしいなどと思ったのですが、ハンブロールは固めるつなぎなんでしょうね。


歯もまだ腫れてるし、雨は降るしで、なっかなか進められませんがいい加減夏になってしまうので車体だけでも完成させたいです。
ではではノシ

| 35-キングタイガー(ポルシェ砲塔) | 14:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。