2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

1/48-IS-2(3)

今度こそ組み立て終了です。
2013120801.jpg
部品もすくねーんだからもうちょっと早く組み立てたいもんですが、35とかやるよりは早く組み立て終わりました。
フィギュアの首とか牽引ロープなんかは塗りわけが面倒なのである程度塗ってから接着します。

2013120802.jpg
砲塔の上下の合わせ目もそうでしたが、ここもうまくいっているかどうか・・・?
サフ吹いてよく見てみないとわかりません。

2013120803.jpg
履帯はいつもはロコ組にしてしまうのですが、今回は履帯本体を上下で分割してもいけそうな感じがしたので履帯だけ接着しました。
後々の組み立て面倒っちいことになりそうですが、こちらのほうが丁寧な塗りわけをしやすいのでこちらで行きます。



さて、この後サフ吹いて問題なさそうなら塗装ですが、今回はどうやって塗りましょうかねぇ。
シリコンバリア使っておこうか、陰影はカラーモジュレーションクラスまで徹底的につけるか、迷うところです。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 48-IS-2 | 17:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

1/48-IS-2(2)

次の更新のことを言うと鬼が笑う。



組み立て完了しませんでした・・・。


2013120101.jpg
2013120102.jpg
素組のどストレートで行くつもりでしたが、ペリスコープの所を覗いてみるとなんと穴が開いているだけで何もない!
無いなら無いでいいような気もしないでもないですが、覗いたときにこれはあんまりだなってことで角棒を突っ込んでふたをしておきました。
キットの方も気になる人は自分で何とかしてね!って感じに見える作りなのでこれでいいんだと思います。

2013120103.jpg
が、キューポラのハッチはよーく見えるのでちょっと困りました。
当時の写真を見るとペリスコープつけてないのか?っていう写真もありましたが、フィギュアを乗せた状態で何もないと非常に目立つのででっち上げました。
フィギュアの腕と干渉したり、前後の造形を間違えたりして2度ほど作り直したので、結構手間取っています。

2013120104.jpg
2013120105.jpg
砲塔部品の上下の合わせ目は、最初は0.3㎜のプラ棒を張り付けて接着剤とナイフでちまちまと溶接跡風にしました。
でも出来上がってみると太すぎるというか大げさすぎたのでやすりで削り飛ばしました。
色違いのプラが混ざったグダグダな作業でどうなってるのかよくわからなくなっちゃってるので、サフを吹いてからまた考えたいです。


2013120106.jpg
スポンソン裏に一応ふたをしました。
普段はあまり気にしない部分なのですが、色も塗ってない砲塔内部に光が差し込んで見えちゃったりすると困るので対策をしました。



えーと、次こそ組み立て終わりで更新したいと思います。
ではではノシ

| 48-IS-2 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。