2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

1/35-M26パーシング(8)

ちょっと更新間隔が開いてしまいました。

前回、穴あけで終わった取っ手の続きです。
2015122601.jpg
0.3㎜の真鍮線をまげて穴に通しました。
フェンダー部分は裏側に真鍮線が飛び出していると干渉するのでカットです。

2015122602.jpg
その後、0.14㎜のプラ板をかまして真鍮線をちょっと浮かせてから瞬着を穴に流し込みました。
出来上がってみるとやっぱりガタガタになってしまいましたね・・・。
やり直したところで良くなりそうにないし疲れてしまったのでこれで良しとします。


2015122603.jpg
2015122604.jpg
フェンダーの取り付け用ステーを付けました。
こいつも車体との接合部分に溶接跡があったのでちまちまとつけとりますが、一番前の部分が車体とぴったりくっつけるには長さが足りなかったので延長しました。
本物のステーはプレスした鉄板を組み合わせてありボルトなんかがもうちょっとついているのですが、全部に再現するとなるとキットの部品では矛盾が出るので前と後ろの表側にだけボルトをちょい足ししておきました。


2015122605.jpg
フェンダーステーにボルトをちょい足ししたついでに、エンジングリルのヒンジにもボルトか杭の頭のようなものがあったので足しておきました。


プラストラクトの0.5㎜六角棒大活躍ですが均一に切れないので切った後に高さをそろえにゃならんのが手間です。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-M26パーシング | 05:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

1/35-M26パーシング(7)

タミヤフェアでの写真をアップしたら気持ち悪いほどアクセスカウンターが回っていたのですが、この1週でやっと落ち着いてきて寂しいやらほっとしてるやらです。


2015120601.jpg
前フェンダーに前回からさらに車体とつなぐリブを追加してボルトを打ちました。
リブを付けたいところが微妙に曲がっていてリブが真っ直ぐな板じゃだめだったのでちょっと苦労しました。


2015120602.jpg
車体前にも樹脂入りの接着剤+流し込み接着剤で鋳造模様を付けました。


2015120603.jpg
車体横側の上部分の溶接跡を付けていなかったので付けましたが、この後フェンダーのステーや用具箱が付くので干渉して結局削り取るってことになりそうです^^;
エンジンデッキのグリルヒンジの金具部分もよく見えないですが、伸ばしランナーで溶接跡を付けてます。


2015120604.jpg
ライトはキットでは透明で無かったので手持ちのHアイズ1を使いまいたがちょっと大きかったので削ってます。
表面に傷もついていたので、リューターに綿棒つけてコンパウンドで磨いてます。

2015120605.jpg
キットのライト本体側もリューターで削りこんで、タミヤの粗目のコンパウンドで均しています。
直径的にはほぼそろったのですが、レンズの厚みがちょっと厚いのではみ出して見えちゃうかもしれません。
飛び出すレンズを沈めるためにリブと言うか糊代も削り取っちゃったので、後で接着するときに位置決めにも苦労しそうです。


2015120606.jpg
で、場所は変わってただいまフェンダー上に大量にある取っ手を付けるために四苦八苦しています。
一本線でいいからキットにモールドして欲しかったところなんですが、影も形も無いのでコの字に曲げた真鍮線を埋めたいと思います。
おそらくフェンダー上に取っ手は合計62個あると思うんですが、まず位置決めの手がかりが全くないので位置を決定するのに四苦八苦、均等にそろえるのに四苦八苦って感じでちっとも進みません。
取り付け用の穴の9割は開け終わったのが上の写真ですが、一応テンプレを作って位置を決めたりしたんですがどうしても不揃いになりますね。


取っ手つけ終わらないと細かい部品が危なくて付けれないので、しばらくここに集中します。
ではではノシ

| 35-M26パーシング | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。