2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

1/35-M26パーシング(13)

2週間ばかりネトゲやってたら杉花粉が飛んでた・・・。
大分、更新間隔が開きましたが砲塔内部のでっち上げの続きです。


砲塔内の装填手側に砲弾がずらっと並んでいたのでそれを再現してみることにしました。
2016022301.jpg
まず砲弾から作ったのですがこれが全く作り慣れてない形なので苦労しました。
最初に3.2㎜のプラ棒をリューターに噛まして削ってという方法で写真下の3本みたいなのを作ってみたのですが、形をそろえるのが難しくて形が全くそろいません。
おまけに削るのに時間がかかって、連続運転15分のリューターでは負荷が心配で何本もトライすることができません。
リューター壊しそうで嫌だったので砲弾自体をあきらめようかなと思いましたが、WAVEからちょうど良いサイズのプラパイプが出てるのを知りそれを使うことにしました。
一番上のようにプラパイプにプラ棒を差し込む形にして、それぞれを別に削りましたがこの方がサイズはそろえやすいですね。


2016022302.jpg
砲弾をまとめてラックに入ってる風にして配置しました。
砲塔側面のラックは5組あるようですが手前側の1つはたたんだ状態にしておきました。
一緒に円周上に並んでるのは椅子ですが、車長と装填手の椅子の形はよく判らなかったので丸にしておきましたが間違ってる可能性大です。


2016022303.jpg
2016022304.jpg
左右の横側もハッチから見えそうな範囲は一応のディテールを足してみました。


2016022305.jpg
砲塔の下側、車体の中は車体の上下を接着する前に板切れ一枚でも敷いておけばよかったのですが、上下を接着してしまったので目隠しというかふたを砲塔側の下につけることにしました。
底の部分だけ白に塗って横を黒で塗れば覗きこんだ時に良い感じになると思います。


2016022306.jpg
外から中を覗き込むとこんな感じです。
しっかりと資料を検討したわけではないので位置や形がとても怪しいのですが、それっぽい物はでっち上げられたと思います。


内側が一応出来たので塗装したいところですが、花粉飛び始めちゃってやっちまいましたねー。
まー、塗装強行してもその晩苦しむだけなのでやっちゃおうかと思います。
ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-M26パーシング | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |