FC2ブログ

2018年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年10月

| PAGE-SELECT |

1/100-MGトールギスEW

模型ほぼさわってなかったのですがちまちまとガンプラを作っていました。

2018093001.jpg
ガンプラを作るなんて20年ぶりぐらいなのですが、部品すごく多いですね。


とりあえず一通り組み立てが終わった状態ですが、せっかくの色プラだし塗分けるなんてまっぴらごめんな形状なので、部分塗装してクリアー吹いて汚して終わりとしてみるつもりです。で
はではノシ
スポンサーサイト

| 1/100-MG トールギスEW | 17:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

新しいPC2代目

ご無沙汰しております。
仕事が忙しかったり、PCが壊れたりして全く模型触れていません。
模型関係ないですが、雑記として新しく組んだPCの話でも。


先代PCは1月ごろからブルースクリーンが出たりとグラボ回り(APUなのでONダイなのですが)がやられてしまったようで、だましだまし使っていたのですがついに9月になってご臨終。
そろそろやばいと思ってたのでプランは練っていて10月ごろに変えようかと考えていたものの、その前にいきなり壊れて大混乱でした。
先代はDDR3世代のAPUだったので規格的にも部品の耐久性的にもボロボロだったのでそう取り換えです。
時期的にメモリ関係がまだ高いしどうなのよとも思いましたが、壊れてしまったのでしかたがないです。


2018092901.jpg
2018092903.jpg
今回はちょっと予算がリッチメンだったので、今が旬のRyzen5(ただし第一世代1600X)にRadeonRX580をMini-ITXケースに入れるコンパクトミドルゲーミングPCにしてみました。(最近ゲームまったくやらんのですけどね…)

構成としては
CPU  :AMD Ryzen5 1600X
マザー :MSI B350I PRO AC
メモリー:G.SKILL DDR4-2800 8GBx2
グラボ :MSI RadeonRX580 ARMOR MK2 8GB
SSD  :SAMSUNG 970EVO NVMe
CPUクーラー:Antec KYHLER H2O K120
電源  :Seasonic Focus SSR-650FM
ケース :Fractal Design Core 500
です。
CPUは第一世代のRyzen5が処分価格で流通していたので迷わずそれに飛びつきました。
グラボはGeForceGTX1060の6GBと迷いましたが、ずっとRadeon党だった上にNTT-Xストアで安く売っていたのでRX580にしてしまいました。


2018092902.jpg
前のPCはATXのミドルタワーってやつだったんですが、買って以来HDDが1台から2台に増えただけで拡張性なんて必要なし、しかも前回ATXにした理由のPCIのサウンドボードも今回はさすがに使えないということでMini-ITXにしました。
Mini-ITXにするにあたり、CPUクーラーは簡易水冷のほうが取り回しがいいだろうということで、予算と相談して120クラスのものをチョイスしました。

2018092904.jpg
ケースは適度な大きさとデザイン、価格でCore 500をチョイス。
1万以下という値段を考えればこんなものという作りでしたが、ちょっと問題が。
公式では2スロットのグラボに対応となっていますが、今回のARMOR MK2のような全長が長く、バックプレートがあって板の裏にも厚みがあるものだと5インチベイのフレームと干渉します。
RX580クラスだと2.5スロットのものが多くて表側の厚みばかり気にしていたのですが、これにはやられました。

幸い5インチベイのフレームは取り外すことができる構造で、使用する予定もなかったのですが、ここでもう一つ問題が発生しました。
このクラスのケースだとねじ穴の精度が悪いことがあるのですが、こいつは5インチベイのフレームの1か所が致命的にあってなく、外そうとしたらねじが全く動かずなめてしまいました。
ニッパーでねじをつぶしながら無理やり回して外しましたが、かなりのピンチでした。

小さいケース故に起こった問題ですが、もし検索でFractal Design Core 500のことを調べていてたどり着いた方がいたらグラボには注意してください。

2018092905.jpg
狭くてHDDのSATAケーブルに上L字を買ってこなければならなかったり、KYHLER H2O K120のホースが硬くてラジエターの設置場所に苦労したりしましたがなんとか部品は収まりました。
予算の都合でCPUクーラーは120クラスになってしまいましたが、組付けてみると240クラスだと取り回しでもっと苦労することは間違いなかったので却ってよかったかもしれません。

ほかにもMemtest86+がDDR4に対応していなくてMemtest86が主流になっていたり、RyzenじゃWindows8.1のドライバーがなくてWindows10に乗り換えざるおえなかったりと5年のギャップでてんやわんやでした。
NVMeのSSDが高温になりやすいことも知らなくて、買ってからCrystalDiskInfo見て夏どうしようが悩んだりしていますが(今の時期で70度近くいきます…)ひとまずはPC組めました。
ではではノシ

| 雑記 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |