FC2ブログ

2018年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年02月

| PAGE-SELECT |

35-ISU152(2)

塗装編です。
2019010601.jpg
まずはサフ兼下塗りです。

2019010602.jpg
続いて上塗り。
足回りはサフの色を残すように緩く吹いています。

2019010603.jpg
ハイライトです。
上からのみ吹き付けるようにしています。

2019010604.jpg
今回使った色です。
左から下塗りクレオスのマホガニーサフ#1000、上塗りタミヤのエアーモデルスプレーAS14オリーブグリーン、ハイライトのクレオスのガンダムカラースプレーSG07MSディープグリーンです。

2019010605.jpg
2019010606.jpg
デカールの貼り付けもしました。
白帯は凹凸にかかるデカールだったので全部塗ってしまうか迷いましたが、デカール貼ってみてだめだった部分をタッチアップしてます。


正月休み中に完成なんてことを年末は考えていましたが全然無理でしたね。
デカールの乾燥にちょうどいいので続きは来週です。ではではノシ
スポンサーサイト

| 35-ISU-152 | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

35-ISU152(1)

新年あけましておめでとうございます。

正月企画としてタミヤの1/35MMのISU-152を作っています。
テーマとしてはエアーブラシを使わない(缶スプレーで塗る)です。

今更なネタなんですが昨年、いろいろなご縁でガンプラパチ組ぐらいならするって人何人かにお会いすることがありまして模型トークをしたんですね。
で、こちらがAFVを作ってることを言うと決まってエアブラシとかないと難しいんじゃないか的なことを言われるんですよね。
たしかに一部の迷彩なんかは難しいですがそうでもない物も沢山あります。
ですから缶スプレーで簡単に行けるよ!ってな感じで答えたんですが、私自身は最近とんと缶スプレーを使ってAFVを組み立てていません。
やってもないことを果たして勧めちゃっていいんだろうか?という気持ちと、サンプルを作っていたほうが話に説得力が出て弾むんじゃないかという気持ちで今回、缶スプレー縛りで行ってみようと思ったわけです。


2019010401.jpg
2019010402.jpg
2019010403.jpg
塗が主眼なので組み立てはすっとばしますが、裏側やグリル部分は黒を念のために塗っておきました。(もちろんタミヤの缶スプレー)
組み立て終わるとやらんでもよかったかなと思いましたが、やらないで後悔よりやって後悔です。


2019010404.jpg
基本的に素組みですが、手すり系は折ること確実なので真鍮線に変えています。
プライマーもスプレーのやつ使ってもよかったんですが、さすがにもったいない気がしたので在庫を筆塗りしてます。
キットの感想ですが、近年のタミヤMMらしくほどほどに細かいディテールでかっちり簡単に組み立てられます。
車体上の部品がエンジンデッキと戦闘室で前後分割されてるんですが仮組もなにも考えずに付けるだけできっちりはまります、すごいですね。


まー、作りやすさって点ではタミヤのIS系って部品数もそれほど多くないし非常に優秀だと思います。
形もはったり効いたのがそろってるのでそういう意味でもお勧めしやすいし本当にいいキットです。
次は塗装編です。ではではノシ

| 35-ISU-152 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |