FC2ブログ

?-ちび丸 大和(9)


塗分けを直して油彩でドライブラシ的に凸部に明るい色を乗せてみました。
ウォッシングだけだと物足りなかったですがこれで少しバランスがとれたと思います。


次は旗竿を忘れてたんでてきとーにでっち上げてつや消しクリア吹きたいと思います。
でも、正月は前からやってみたかった別のネタに取り掛かろうと思うので一旦ここで中断です。

| ?-ちび丸 大和 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 大和(8)

20181121601.jpg
ウォッシングをしました。

前回やった塗分けですが黒部分足りないところがかなりあるようなのでもう一度塗分けし直しです。
そのあとはドライブラシ掛けてやりましょうかどうしましょうか??
ドライブラシあんまり好きじゃないんですがちハイライトの強調がょーっと物足りないんですよね。
ではではノシ

| ?-ちび丸 大和 | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 大和(7)

20181121521.jpg
ちび丸大和、細部塗り分けしました。
この後に一度クリアー吹いてウォッシングする予定です。


で、話は変わってカメラ買い換えました。
一眼レフから今度は1インチセンサーコンデジのRX100M3に買い換えました。
自分の使い方だと一眼レフは持て余すというか重くてでかくて大げさすぎると思っていたので今度は小さくてそこそこな奴にしてみました。
20181121501.jpg
ちなみに70㎜テレ端でこれぐらい寄れます。
以前のα550のキットレンズが結構寄れたのでそれと比べるとちょっと遠い気がしますが、それはフィルターアダプターを買ってクローズアップレンズを試してみたいです。

等倍切り取りで各ISOを比べてみました。
20181121502.jpg
ISO100
20181121503.jpg
ISO125
20181121504.jpg
ISO400
20181121505.jpg
ISO1600
20181121506.jpg
ISO3200
20181121507.jpg
ISO6400
20181121508.jpg
ISO12800
そんな新しい機種ではないんですが、それでも以前の550に比べてもセンサーサイズが小さくなったにもかかわらずノイズの乗り方は負けてないのがすごいです。
トリミングリサイズ前提の自分の使い方だと3200ぐらいまでは常用できそうです。


センサーサイズが変わった影響で被写界深度の具合も変わってしまったのでそこは早く慣れたいです。
20181121511.jpg
f2.8
20181121512.jpg
f4.0
20181121513.jpg
f8.0
20181121514.jpg
f11.0
センサーサイズ比で行くと1/1.8ぐらいのf値がf値だけでは近い被写界深度になるようなので、そこそこ開放でもピンの合う範囲が大きくて模型撮影向きかもしれません。


20181121522.jpg
20181121523.jpg
まだ操作をよくわかっていないのですが、カメラを持っていくということが億劫にならないのでいろいろ持ち出して機能を把握していきたいと思います。
ではではノシ

| ?-ちび丸 大和 | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 大和(6)

軍艦色と艦底色を塗りました。
2018112601.jpg
2018112602.jpg
軍艦色はタミヤラッカーの呉海軍工廠グレーを塗ってみました。
タミヤのラッカーを初めて使ってみましたが香りがタミヤの樹脂入りの接着剤のそれですね。
あと筆塗り用に調節してあるってことですが、かなり薄いので瓶の大きさの割に塗れる量は少なそうです。
エアブラシだとクレオスは大体3倍~希釈を目安にしてますがタミヤは2倍でいいかなって濃度です。
ガイアノーツの臭気緩和タイプの薄め液を使いましたが今のところ普通に塗れているようです。(時間たつとどーなるかはまだわかりません。)


話は変わって模型雑記その1。
2018112603.jpg
最近、コンプレッサーの出力が落ちてきていて、数年間吸気口のフィルターをメンテナンスしてないことを思い出したんですね。
で、開けたら案の定フィルターに塵がたくさんついてたんですが、それを取ろうとフィルターを触ったらなんかしっとり感触でボロボロ崩れだしちゃいました…。
加水分解ってやつなんでしょうかねぇ…ねちょねちょでこりゃ空気吸わんわけです。
応急処置で台所用スポンジを切ったのを突っ込んでいますが補修部品を早く用意しないといけません。


雑記2。
2018112301.jpg
計器盤がのっぺらぼうだったりでどーすんのこれで止まったタミヤの1/48F-15J、最近は3Dプリンタの外部出力サービスなどがあるし自分でMISP仕様の計器盤作ってみたらどうなんだと思いつきました。
とりあえず3DCADをダウンロードしてちょっと触ってみましたがソフトの操作は計器盤程度ならなんとかなりそうです。
この話を進めるとしたら問題は立体を起こすための2D図面(スケッチ)のほうですね。

ではではノシ

| ?-ちび丸 大和 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

?-ちび丸 大和(5)

2018111801.jpg
そんなマスキングするところないし簡単やろと舐めてかかりましたが、細かいところが局所的に集中していて面倒でした。
一部マスキングが完全にできていないところがあるんですが、はがしてから筆で補修します。

2018111802.jpg
マスキングも終わったのでサフとシャドーを入れました。
サフは甲板の時点で吹いておくべきだったんですが、模型から離れていてすっかりそんな工程を忘れていました。
船はあまりシャドー入れないと思うのですが、今回はデフォルメモデルなので派手さ重視で入れることにしました。


大和だとサフの色でハイ終わりとしてもいいよなという考えが一瞬頭をよぎりましたが、今回はこの後ちゃんと軍艦色を塗る予定です。
ところで最近は軍艦色と言ってもドックに合わせていろんな色があってあまり詳しくないと困りますね。
大和だと呉系の色を使えばいいんでしょうか?(どっちにしろ白で割るんであまり気にしてもしょうがない??)
ではではノシ

| ?-ちび丸 大和 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT